地味ログ東洋硬化.うろつき雑記

寒い時も暑い時も、寒い場所も暑い場所も、処かまわず神出鬼没な東洋硬化の表面処理を、ポップに語ります。

6月 フィンランド・エストニア・ウクライナ行き 2

2017年07月06日 11時11分20秒 | うろつき実況中継、やや時差あり
6月13日、昨年のケルンでの展示会で当社パンフにご興味お持ちになった事
業所を訪問する為に、ヘルシンキ西港からフィンランド湾挟んだ対岸、エスト
ニアの首都タリンに出向きました。


(肌寒い霧雨の中、宿からテクテク歩いてタリン行きフェリー乗り場へ)


(寒々しいフィンランド湾)

乗船時間2時間弱で早、エストニア領です。


(タリン港に接岸する頃、ありがたいことに晴れ間)

2時間限定の日本語⇔エストニア語通訳さんが出迎えてくれました。港近所
の見込み客訪問し、挨拶とPRを行ないました。果たして1万キロ離れた表面
処理業者に発注していただけるものや否や、神のみぞ知る。


(通訳さんと別れ、世界文化遺産に指定されているタリン旧市街地へ)


(旧市街地で一番背が高い聖オラフ教会の尖塔が見えました)


(この尖塔には登らねばなるまい)

狭い螺旋階段を延々と登りました。


(尖塔から見える南西方向への雰囲気の良い通りを歩くことにしました)


(土産物屋ひやかしながら、ロシア帝国末期に建立されたアレクサンドル・
ネフスキー寺院に向かいました)

エストニア人にとってはロシア帝国期・旧ソ連期に建てられた寺院など、
邪魔になるものだと思いますが、ソ連崩壊後エストニアに残留したロシア人
がそれなりに多数居住しており、お隣の大国に遠慮し、で、ロシア正教
寺院は温存せざるを得ないものと思われます。


(でもね、野次馬的にはエキゾチックで良い建築物だと思います)


(旧市街地ダウンタウンを見下ろすアッパータウン側城壁からの眺め)

中国人の団体客多数でした。


(ダウンタウン側に下り、さらに街中歩き)


(「オールド・タリン」との中世風飯屋。美味いビール飲みたかったので)


(メニューの字体と絵が飲み心をそそります)


(ダークビールとシナモンビール飲みました)


(旧市街地ダウンタウンの中心、ラエコヤ広場)


(旧市街地東端のビル門から外に出ました)


(時間押していたので港まで走り戻り、何とか、ヘルシンキ行きフェリーに乗船)

ヘルシンキに戻る頃、またまた空模様があやしくなり、港から宿まで霧雨の中
を歩きました。宿最上階のサウナに入った後、トナカイ料理食べに出ました。


(宿から1キロほど東に歩き、ラップ料理店「Ravintola SAAGA」へ)


(溶いたじゃがいもの上に載せたトナカイ肉料理です。日本での鹿肉料理と基
本同じ食感でした。血抜きが今一だったので、ややくどい感じが出ていました)


(23時をかなり回った時間帯、ギラギラした夕焼け)

100年前にロシア帝国から独立できたフィンランドに較べ、ゴルバチョフソ連か
ら独立して30年弱のエストニア。まだまだロシア風味というかロシア臭さが抜
けきれていません。元々欧州の一角だったのに大ロシアに組み入れられた悲
哀と欧州への復帰意欲を強く感じました。



-------------------------------------------------------
● ㈱東洋硬化へのお問い合せは当社ホームページの「お問い合せ」欄、
  または、TEL:0942-34-1387  FAX:0942-36-0520
  所在地:福岡県久留米市津福本町1978-1 へお願い致します。

● シリンダーロッド・シャフト・ピストン・フロントフォークインナーチューブ
  ・ロール等円筒形状機械部品のクロムめっき再生(クロムメッキと
  全部カタカナ書きするのではなく「クロムめっき」または「クロム鍍金」
  と書くのが日本語的には正解)が得意です。

● シリンダーの分解・組立・油圧チェック作業が出来るようになりました。
  お客様での分解組立作業の必要がなくなり、大変便利にご利用いた
  だけます。

● 窒化クロム・窒化クロムアルミ・窒化チタンアルミ・酸化クロム・
  窒化チタンクロム・窒化チタン他、各種高硬質被膜を

  アークイオンプレーティング生成します。
● 高温耐酸化性に優れ、高硬度を保持する、最も付加価値の高い
  窒化クロムアルミ膜の厚付成膜可能です。

● 高硬度・平滑性・滑り性に優れたDLC( Diamond Like Carbon :
  ダイヤモンドライクカーボン)膜
の成膜可能。さらには、本邦初、DLC
  膜の再生加工も開始。

● 内径18mm・深さ2000mmの細孔内への厚付硬質クロム鍍金が可能に
  なりました。
細孔内の耐摩耗性向上を図れます。

● マグネシウム合金上へのアークイオンプレーティング成膜が可能です。
  今まで難しかったマグネシウム合金製部品への耐磨耗性付与
  ご利用下さい。

● ローター・ファン・クランクシャフト等のバランシング(回転体釣合せ)
● ラジアルクラウン研削を始めとした円筒研削加工や、内面研削・
  平面研削も行ないます。
 超厚付電気ニッケルめっきやフレーム溶射・アーク溶射による短納期
  での寸法・形状・機能の復元加工。

 HVOF溶射(High Velocity Oxygen Fuel 高速フレーム溶射)での
  超硬合金被膜形成
始めました。

 内径500mm・深さ3000mm超の大口径パイプ形状品への厚付クロム
  鍍金・ホーニング仕上げまたは自動バフ研磨仕上げ
が可能です。
●本社所在地:〒830-0047 福岡県久留米市津福本町1978-1
                         TEL:0942-34-1387 
 大分営業所:〒870-0113 大分市大字家島字東前田980-1
                         TEL:097-528-8800
 関西営業所:〒525-0041 滋賀県草津市青地町735
                         TEL:077-567-2340


-------------------------------------------------------

人気blogランキングです。押してくださると嬉しいです。




福岡よかともランキング


『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月 フィンランド・エストニ... | トップ | 6月 フィンランド・エストニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む