地味ログ東洋硬化.うろつき雑記

寒い時も暑い時も、寒い場所も暑い場所も、処かまわず神出鬼没な東洋硬化の表面処理を、ポップに語ります。

朝からバランシングをやっています

2006年01月11日 11時29分58秒 | バランシングネタ


朝から、鉱山用のファンのバランシング(釣合せ)を行なっています。

お客様から指定G等級をいただきまして、そこから、許容残留不釣合質量・
許容残留静不釣合値・許容残留動不釣合値・許容残留偏心を算定します。

許容値以内に修正した後に、お客様へ品物をお返しします。



(このファンが8枚で1セットです)



(今日の担当者は機械加工部門のM君)



(アンバランスの方向と大きさを2断面にて表示します。それぞれの単体で
の不釣合質量をベクトル合成し、回転体全体のデータとします)



(すでに釣合せ終了したブルドーザー用のクランクシャフト)



(製鉄大手S社のワイピングローラーです。クロムめっき厚付け+めっき前
後のラジアルクラウン研削+バランシング、の工程をたどります。必ず当社
で加工すること、とのご指定をいただいています。大変ありがたいです)


ラジアルクラウン研削とは、またの名をサインカーブクラウン研削ともいい、
円筒研削の一種ではあるのですが、表面をフラットではなくサインカーブ曲
線状に削っていく加工法です。


ラジアルクラウン研削については、上の写真のお客様からのご依頼が一番多
いですが、他のお客様からも逆サインカーブ研削でとか、それを2連でとか、
CFRP(炭素繊維強化FRP)材や超硬(タングステンカーバイト-コバルト)
素材にもやれとか、様々なご要求をいただきます。

このあたりは、また別の機会に。


-------------------------------------------------------
● ㈱東洋硬化へのお問い合せは、当社ホームページの「お問い合せ」欄、
    または、TEL:0942-34-1387 へお願い致します。
● シリンダーロッド・シャフト・ピストン・インナーチューブ・ロール等、
    円筒形状機械部品のクロムめっき再生が得意です。
● 窒化クロム・窒化チタンアルミ・酸化クロム・窒化チタンクロム・
    窒化チタン他、各種高硬質被膜をアークイオンプレーティング
    生成します。
● ローター・ファン・クランクシャフト等のバランシング(回転体釣合せ)
● ラジアルクラウン研削を始めとした円筒研削加工や、内面研削・
    平面研削も行います。
--------------------------------------------------------


人気blogランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加