◆本郷通信◆《日々の発見や感動をささやかに表現》本郷中学校公式 blog

◎慎重に入力していますが記載誤りの場合は現場の状況を優先します。[携帯電話での閲覧も可能です!]

『いのちを考える集会』

2017年06月15日 | Weblog
6月15日
 今日は、相田みつをさんの詩と曳地正美さんの言葉が紹介されました。こんな詩と言葉です。

 あのね
 自分にとって 一番大切なものは
 自分のいのちなんだよ
 だから
 すべての他人のいのちが
 みんな大切なんだよ       (相田みつを)

 生きていれば未来があり、命があれば何でもできる   (曳地正美)

午後から『いのちを考える集会』が行われました。「『いのち』の尊さを実感する」という目的で、ふだんは助産師として豊橋市民病院に勤められているお二人をお招きして講話を聴き、体験を行いました。さすがに実践に基づいた話をされていると思いました。最後のほうでは、「産声」の働きや、「生まれたということは一つの高い壁を乗り越えたということ」と話され、「どんなに大きな壁が立ちはだかっても、それを乗り越えるたくましい生命力を、あなたはもって生まれてきました。」「自分で生きることを選び取った生命」なのだから、これからもどんな壁が立ちはだかっても乗り越えられる自信をもつことという言葉で結んでいらっしゃいました。
生徒の皆さんはどのように感じ取ったのでしょうか?

今日は19:30から本郷校区健全育成会総会が、中学校3階の多目的室で行われます。子どもたちの健全な成長のために、現状の報告や本年度の活動方針等について話し合われます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「いのち」の大切さ | トップ | 教育実習終了。日曜日は芦原... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事