コミュニケルーム通信 米沢豊穂 近況心境 NPO・Anono Chiefdirector Yonezawa o・w・s

カウンセリング 、教育、文学、仏教などを中心に講演・執筆活動中の米沢豊穂が送る四季報のIN版です。

石川啄木 没後100年記念 公開講座 (文学にふれて)無事終了

2012-09-17 | Weblog

お陰様で、公開講座 「文学にふれて~啄木の歌と人生~」を無事終えることが出来ました。
ほど良い参加者の皆さまで、講座は和気藹々(わきあいあい)と展開して行きました。



受付風景です。「こんにちは」「ようこそ」・・・。始まりから笑顔がはじけます。




私のテーブルに可憐なお花が活けられています。私の好きな言葉「花は野にあるように」。
世話人さんのお心づかいが偲ばれます。


お部屋にも秋の風情が・・・。


いよいよスタートです。司会者の方が立たれました。
「遅くなりました・・・」わざわざ遠路を小浜市から来て下さったOさんが受付に。


席に着いた私・yo-サン です。この夏もハードな上にアクシデントつづきで、激ヤセです。
往年の文学少年の面影もないですね。万年青年も今やオールドに。



皆さんの笑顔がいいですね。


皆さん一首ずつ短歌を詠んで頂き発表し合いました。
「ボクは文系じゃないので・・・」と言われながらも、なかなか佳い作品でしたよ。



次はどなたの発表かしら?



しかし、yoーサン。何がそんなに可笑しいの?我ながら久々の「笑い」でした。



女性の方の笑いはお上品ですねぇ・・・。

とりあえずのご報告でした。書きたいことは山ほどありますが、今宵はこれで。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加