コミュニケルーム通信 米沢豊穂 近況・心境

カウンセリング 、教育、文学、仏教などを中心に講演・執筆活動中の米沢豊穂が送る四季報のIN版です。

湘南へ 大仏さんと啄木と その3

2012-03-22 | Weblog


           長谷寺より材木座方向を眺望
 
  
   久方の
   空青くして雲白く湘南の海    
   春近きかな
  



   長谷寺に上りて
   仰ぐみ仏は
   黄金も眩し観音菩薩



閑話休題  <鎌倉日記はまた別の機会にして。>

今回の旅は、湘南啄木文庫の佐藤先生の歌会に出ることが主目的であった。
と言うよりも、佐藤先生に会いたかったからかも知れない。


この日は、「グランドホテル神奈中秦野」に投宿。
駅界隈の居酒屋で、ひとり少しばかりのお酒を。

フロントへ明朝8:10にタクシー予約。
佐藤先生から、「歌会の前に家へいらっしゃい」とのお言葉を頂いていたので。


        啄木関連の蔵書だけで3000冊!湘南啄木文庫にて。


詠題は「青」だった。出席を決めたのは詠草の締め切り直前だったこともあり、前に詠んだものを送信させて頂いた。

   青き海 見え隠れして
   石見路の 無人の駅に
   百日紅咲く

である。
短歌の作法、と言うよりもセンテンス的にも、おかしいのだが、好きな自作である。
啄木流に「我を愛する歌」ってところかな。

歌会では一番多く入れて頂いた。佐藤先生の選評でのご指摘も、私自身が気がついていたことと同様であった。
この表現だからこその味わいがあって、必ずしも作法に則ることはないとのことだった。

蛇足ながら、
これは先年、島根県浜田市に講演に訪れた時に、山陰線の電車の中で詠んだものである。まずは、
「見え隠れ」
電車が動いているということである。つまり私は車中の人。電車は海辺を走ってはいるが、ずっと海が見え続けている訳ではない。
木立や家があると車窓から海は隠れる。

次いで、
「無人の駅」
無人でも有人でも「駅」は駅である。見え隠れもしていない。
つまり静止そのものである。だから「見え隠れ」との整合性の問題である。

そして、
「石見路」
鉄道だから「路」はおかしいと言えばおかしい。
しかしこれも、山陰は石見地方を旅しているのだな、という意味でOKだった。
「山陰の無人の駅に」でもいいかなとも思ったのだが、山陰線はかなり長いので、敢えて石見に。

また、駅に百日紅は咲かない。駅の敷地に咲いているのだ。
海が見え隠れしながら電車は走っている。
ある無人駅に停車した。窓越しに見ると、紅の花が咲いているよ。
と、誰だってそのように理解してくれると思う。 
いささか、自己弁護になった感じ。

佐藤先生から更に、私の歌が源実朝の、

  箱根路をわが越えくれば伊豆の海や沖の小島に波の寄る見ゆ(金塊和歌集)

の雰囲気だと紹介された。何となくそうかもね。





      佐藤先生から啄木の歌についての講義

それでは、つづきは、どうするかな。もう、いいっか・・・。

                  
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

湘南へ 大仏さんと啄木と その2

2012-03-15 | Weblog
【鎌倉ひとり】


一気に更新出来なくて。
昨日のつづきをちょっと。







鎌倉の
小町通りの小(ち)さきみせ
シラス丼など食ひてみるかな

お味噌汁がついていて、それなりに美味しかったよ。
しばし小町ブラして。

小町通りは、いわゆる鎌倉のメインストリート。
お食事処、サテン、お土産物屋さんなどがひしめき合っている。



和ろうそくを作って売っているお店も。
ふと立ち止まってしまう。

駅前の銀行の前に托鉢僧が目を瞑って立っている。
微動だにしない。まるでお地蔵さんのようだ。
春のやわらかな日差しを浴びて・・・。

私なぞ僧籍にあるものの、とてもこうは出来ない。




鎌倉へ来たら江ノ電に。








江ノ電は鎌倉から藤沢まで走っている。


半日コースの時間配分を考えて・・・。
鎌倉文学館へ。



建物は、加賀百万石の旧藩主前田家の別邸を改築したものである。
広い前庭から眺めて見ると、見事な洋風建築であった。

来館者は私を含めて3人。
展示室には鎌倉所縁の作家たちの肉筆原稿や、愛用した万年筆も。
何だかインクの匂いがしてきたような。私も万年筆派だ。
パイロットを3本持っている。

ふと
  秋の日の 図書館の ノートとインクの匂い・・・♪(クリックしてみてね)
なんて歌が脳裏に浮かぶ。


文学館と言えば、金沢の石川近代文学館へは折々に行くが、やや雰囲気が違う。
いずれも私にとっては、好きな空間である。

鎌倉は色々な顔があるが、文学都市でもある。
明治、大正、昭和と多くの文人が住んだ。
康成、漱石、龍之介、晶子・・・。

「鎌倉文士」という言葉に憧れのようなものを感じていた、往年の文学青年
yoーサンだった。

コーヒーブレイクにしまっし。
つづきは、つづきに?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湘南へ 大仏さんと啄木と  

2012-03-14 | Weblog


鎌倉の
大仏さんは阿弥陀さま
俯き加減の美男なるかな

今年も昨年ほどではないが、まあ大雪だった。
しかし、私の住む平野部ではもうすっかり雪も消えた。

久方の陽射し嬉しや
微かにぞ近づく春の
足音聞こゆ


春は光から、秋は風からと言われるが、春の訪れを感じさせる陽射しに、思い立って湘南へ出かけてきた。

その一番の理由は、「横浜啄木の集いに」参加したときにお世話になった佐藤勝先生(神奈川県秦野市・湘南啄木文庫主宰)の短歌会に出ることであった。
しかし、午前9時半開会となると、朝一で出かけても秦野までは無理なので、前泊にした。

せっかくだから前日も、やや早めに出発。
JR芦原温泉より特急「しらさぎ」で米原へ。



芦原温泉ホームに「しらさぎ」が入る。
特急停車駅なのに、平日の午前は閑散として。
自由席だったが乗客もまばらで、まるで貸切のよう。



車窓から見る南越前町今庄辺りの風景。
まさに、ここも「雪国」。



米原駅ホームに、新幹線上り「ひかり」が。



久々の新幹線だ。
富士山が見えるとやはり嬉しい。
まるで修学旅行の中高生のような気分に。

小田原までもうひといき。
今日は1日フリーだから、鎌倉へ行こうと決めていた。


小田原から東海道線東京行きに乗り大船に。
大船から横須賀線に乗り換え、いざ鎌倉へ。





空は青空。着てきたコートはちょっと暑いぐらいだ。
さて、どのように歩こうか。
日はまだまだ高い。
という訳で、チョイ休憩に。

ブログも同様に。書きかけで失礼。
つづきはまた、あ・と・で。

★☆★NPO・カウンセリング研究会あのの よりのお知らせ★☆★
拙著「あのの・・・カウンセリングに学ぶ人間関係」(二版)は書店では売り切れとなりました。
事務局の残部も僅少になり、出版元にも在庫がありません。。
本書は増刷の予定はありませんので、もしご入用の方は下記へメール下さいますようお願いします。
toyoho16@mail.goo.ne.jp




コメント
この記事をはてなブックマークに追加