コミュニケルーム通信 米沢豊穂 近況心境 NPO・Anono Chiefdirector Yonezawa o・w・s

カウンセリング 、教育、文学、仏教などを中心に講演・執筆活動中の米沢豊穂が送る四季報のIN版です。

無憂華

2011-01-23 | Weblog



久々に書庫に入った。
それほどに本を読まなかった。

まずは専門書。近年それも読みたくはなかった。
いや、読むほどの必要がなかったのかもしれない。

病に臥せたらゆっくり読もう、なんて感じで求めた書物もあれこれ。
しかし、少し体調崩しても、とても読書などする気が起きないのに。

冷え冷えとした書庫でふと手にした1冊。
それは、九條武子著 「歌集と無憂華」。
無憂華 とは仏教の言葉である。
憂いの無い花 とでも言おうか。
インドに咲く無憂樹(Asoka)の花のことである。

この本には九條武子の美しい歌とエッセイが散りばめられている。

  百人(ももたり)の われにそしりの火はふるも
    ひとりの人の 涙にぞ足る

歌集「白孔雀」の冒頭の1首である。
「白孔雀」は昭和4年12月に武子三回忌記念に吉井勇によって編集せられた。
その序歌には与謝野晶子から5首の歌が寄せられている。

巻末を見ると、1978年改訂2刷 とある。
30年くらい前に求めたのかもしれない。


(まさに深窓の佳人 九條武子 最後の写真である。美人薄命とか。昭和3年1月27日
  享年41歳。その美しき生涯を終えた。)


ふたたび

  百人のわれにそしりの火はふるもひとりの人の涙にぞ足る

以前に読んでいた筈だが、また新しく読んだ思いがする。

大勢の人々から誹謗(そしり)を受けようが、たった1人の人が私に涙してくれればそれでいい。(拙意訳)

と彼女は歌ったのである。
まさにカウンセリングの真髄ではなかろうか。
翻って私はその「1人」たり得ただろうか・・・。
内心忸怩たる思いがする。

現在はカウンセリングや相談活動は後進にお願いして、スーパーバイズや研修・講演などを主にしているが、
どうしてもと乞われてお受けするケースもある。

相手のために如何ほどの涙を流しただろうか。
原点に立ち返った思いであった。

悲しいかな私には涙してくれる人は無い。
さほど「出る杭」などではないのだが、そしりの火は降りかかってやまない。
涙してくれる人がほしいと切に念(おも)うこの頃である。

  幾山河越えさり行かば寂しさの終(は)てなむ国ぞ今日も旅ゆく

牧水の歌が脳裏を過(よ)ぎる心境・近況でした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

詩 かくれんぼ に寄せて

2011-01-09 | Weblog

             画像は京都岡崎 白河院のお庭 12月20日午前撮影


暮れも押し詰まった12月26日の福井新聞の文化欄に「かくれんぼ」と題した
1篇の詩が載っていました。
            
       かくれんぼ
   
   かくれんぼが大好きな子どもたち
   みつかるとくやしい
   みつからないとさびしい
   自分からここだよと
   鬼に呼びかけたりもする

   庭に穴を掘って
   すっぽり入り込んでいる少年
   胎児への回帰の願いからなのか
   かくれると安心する

   古来高貴な方が亡くなると
   おかくれになると表現した
   かくれんぼから出てきて
   かくれんぼへかくれてしまう

   ふいにざわざわと木の葉がゆれる
   目のすみで小さい影が走り去る
   光もないのに何かがチラリと光る

   かくれてしまった亡き人たちが
   ここだよ そばにいるよ と
   呼びかけているのか

福井の詩人・有田幸代さんの詩です。
有田さんとは古い知人です。
今までに上梓された詩集も2冊頂いています。

随分長く会っていませんが、新聞のお写真を見ますと、お元気そうな笑顔が
写っていました。
最後の3行を読み終えて涙がほろりとこぼれました。

   かくれてしまった亡き人たちが
   ここだよ そばにいるよ と
   呼びかけているのか

実は12月19日、少し早めですが亡き弟の1周忌で上洛しました。
参列者は、彼の家族と私、そして私の妹のみで、ささやかではありましたが
心のこもった法要でした。

彼の書斎に入ると、そこは全く在りし日のままに書籍に埋もれていました。
まるで時間が止まったように・・・。

ただ、机には彼の遺影が置かれてありました。
それは大学の講義の途中、教壇で微笑む彼の顔でした。



   
   いつの日も 和顔愛語の君なりき
       在りし日のまま 笑みていませり
                         (筆者・近詠)

「いつもやさしく、笑顔の人」皆、異口同音に言ってくれます。
まさに和顔愛語とは彼のことだろうと、しみじみ思うのでした。

現役のままで逝った彼。
大学から「名誉教授」の称号が贈られていました。



法要の後、随心院に建立したお墓に納骨をし本尊如意輪観音に詣でました。
随心院は小野小町所縁のお寺で、広大な境内には230本の梅園(小野梅園)が
あります。梅の花の咲く頃に弟に会いに行き、梅園も訪ねたいと思っています。
12月の京都は寒いのですが、この日は小春日和とまでは言えませんが、お日様が
お顔を覗かせるいい日でした。

その日は皆で岡崎にある白川院に宿をとりました。
白川院は名匠小川治兵衛による、東山を借景とした池泉回遊式庭園があります。
翌朝、宿の玄関をを出ますと朝の陽光にお庭の紅葉が映えて、思わず1枚撮ったの
が冒頭の画像です。

それでは今宵はこれで。思いつくままに推敲もしませずに。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加