コミュニケルーム通信 米沢豊穂 近況・心境

カウンセリング 、教育、文学、仏教などを中心に講演・執筆活動中の米沢豊穂が送る四季報のIN版です。

季(とき)移ろいで・・・<近況・心境>

2009-08-23 | Weblog


幼き日 祖母のいませし野の畑に
     食(は)みしトマトの 香り懐かし (筆者近詠)

ひと時を畑で過してきた。
きゅーりも、トマトも、もう晩期である。
黄ばみかけた葉の間から、トマトをひとつ、ふたつ採って、
葉の生い茂った柿ノ木の下で頬張った。

この香り、懐かしさは、今は亡き祖母の想い出につながる。
それはもう半世紀も前のことになってしまった。

10年前にカウンセリング研究会の創立10周年記念として
大手の出版社から拙著を上梓した。
やや専門書に近い著書だが平易で読みやすいと好評を頂いた。
そのはじめに、祖母の想い出を記した。
「受け入れられて育つ」と・・・。

それは、今の私のカウンセラーとしての原点でもあるからだ。

祖母は、丹精して作った野菜を惜し気もなく周囲の人たちに
あげていた。いつも粗末なものを着て、笑顔の人であった。
お念仏の聞こえてくるような人であった。
祖母逝ってからもう何年になるのだろう。

拙著は初版も重版も完売で、もう流通在庫はないという。
今でも全国から問い合わせがあるという。
出版社から3版をと言って下さった。
でも・・・、これで十分。

今度書くなら別のものをと思う。
でも・・・もう書けないかもしれないと思うこの頃。

気がつけば、降りしきる蝉時雨。
往く夏を惜しむかのように。

頬をかすめる風は、もう秋の気配。
こうして季(とき)は移ろいでゆく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歎異抄 ふたたび 

2009-08-17 | Weblog




歎異抄とカウンセリング

歎異抄は極めて小部の書である。本文そのものはさほど古文に秀でていなくても読めるものである。またその解説書は宗門の学者や作家、知識人等から数多く出されている。後者の著は概ね「私と歎異抄」的、つまり味わい的な内容が殆どである。当然のことながら、それぞれの人生体験が影響していて興味深い。前にも記したように「信仰の書」であるからである。文庫本に新刊もあるのでお勧めしたい。


過日の公開講座はカウンセリング研究会の行事であるので、受講者はカウンセリングと歎異抄の接点にも関心を持たれたようであった。本稿でも記してみたいと思う。このことについて触れている書物を私は寡聞にして知らない。


2月の「我が心の歎異抄」の中に少し述べたが、カウンセラー(便宜上、相談を受ける者としておく)は、何とかしてクライエント(相談をする人としておく)の役に立ちたいと願っている。それは、悩みや問題を解決し、少しでも楽にしてあげたいということである。初心者ほどそのように思うものである。

しかし、他人がその人生で遭遇する悩みや問題がそう易々と解決出来る筈がないのである。

このように学び習ってきたのだが何故?
カウンセラーである自分に能力がないのだろうか?
いやいやそれはクライエント自身がしっかりしないからでは・・・
等々自問自答する。
そして時にはカウンセラー自身が病気になったり、カウンセリングを受けなければならなくなる。

そのようなカウンセラーは真面目でありナイーブでもある。中には、自分は精一杯相談に乗っているのだから、しようがない。或いは、それは所詮他人の悩みである。こちらがダメだったら別のカウンセラーか相談機関に行くだろう。などと思いカウンセラー自身が自己解決をして病気になどならない。
そのクライエントも、再びそのカウンセラーのもとを訪れることはない。

実際は前者と後者に明らかに分けられるものでもないが、何とか折り合いをつけてやっていることが多い。


私は現在はカウンセリングよりも、カウンセラーへのスーパーバイズが多い。その時いつも以下のような歎異抄の話をする。

人間の限界
「聖道の慈悲といふは、ものをあはれみ、かなしみ、はぐくむなり。しかれどもおもふがごとくたすけとぐること、きはめてありがたし」歎異抄第4章である。

更には「浄土の慈悲というは、念仏して、いそぎ仏になりて、大慈大悲心をもって、おもうがごとく衆生を利益(りやく)するをいうべきなり」といい、「今生に、いかにいとおし不便(ふびん)とおもうとも、存知のごとくたすけがたければ、この慈悲始終なし」と続く。

この世でどんなに愛おしい、かわいそうだと思っても思いのままに助けることは困難だから、人間の慈悲には一貫性がない、というのである。
そして「しかれば念仏もうすのみぞ、すえとおりたる大慈悲心にてそうろうべき」と結ぶ。
つまり、お念仏を申すしかない、ということに。


人事を尽くしてこそ
実は以前にも何度か歎異抄を講じていて、いつもこの辺りが判然としなかった時期があった。講義や講演をすると不思議なことに気づかされる。自分の理解の不確かなところが明確になるのである。

この章に入ると必ず質問が入る。
「カウンセラーは聖道の慈悲じゃなくて、お念仏することだけですか?」と。尤もな疑問である。
「私には何の知恵も力もありません。ただお念仏するだけです」
なんて言っていても始まらない。クライエントはあっ気にとられてしまうだろう。
カウンセラーは聖道の慈悲からスタート<している>のである。
憐れみも、悲しみも涌かない者はカウンセラーの資質に欠ける、と思って憚らない私である。

 クライエントのために何とかしてあげたいと、一生懸命に努力することが大切なのだ。人事を尽くすことなのである。
しかし、である。前述のようにカウンセラーとて現身の凡夫に過ぎないのである。非力な己を嫌というほどに知らされるのである。

すると、ふと念仏が口をついで出てくる。しみじみと念仏することだ。
それは、祈りと言い換えてもよい。

消えない悩み、解決しない問題が残っても、なお心穏やかに生きることが出来るようにしてあげることがカウンセリングなのである。
それはまた、慈悲と言っても愛と呼んでもよいと思っている。

いつの頃からか私はそのように思い始めた。いや、気づかされた。
すると、不思議とクライエントの問題が解決に結びつくことも多くなっていった。
感応道交ということかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近況・心境

2009-08-09 | Weblog
  捨てきれぬ物の数々山となり未練がましき我が心かな

梅雨明け宣言後、晴れは1日のみ。連日の雨模様の北陸路。
久々に自宅に籠り我が書斎や寝室の片付けに専念。

書物、文献・書類、そして写真や名刺の山また山。
要不要の分類をはじめたものの、捨てる決断したものは僅か。
もうリタイアのつもりだから、いいだろうに。
往生際の悪い、未練がましい、
そして我執極まりない自分に自己嫌悪しきり。

「捨てきれぬ荷物の重さ前うしろ」と詠んだ山頭火が脳裏をかす
める。これが老いることなのかも知れない。

潔く散る櫻の花は好きなのに・・・。
過ぎし春の日の琵琶湖の櫻を思う。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加