コミュニケルーム通信 米沢豊穂 近況心境 NPO・Anono Chiefdirector Yonezawa o・w・s

カウンセリング 、教育、文学、仏教などを中心に講演・執筆活動中の米沢豊穂が送る四季報のIN版です。

師走 近況・心境

2008-12-14 | Weblog

師走も残すところ半月余になりましたね。
師走は「仕果たす」とも。仕果てぬことばかりでそぞろ焦りはじめました。

あれもこれもと思っているだけでは・・・と自分に言い聞かせて出来ることから、気にかかっていることから、等々優先順位をつけながらの日々です。

12月は父の祥月。
今日はこの時期の北陸には貴重な小春日和。父の古里の地にあるお寺に詣でました。
久々に寺の本堂で阿弥陀様にご対面、合掌礼拝。しばし瞑目。亡き父や、先祖のルーツなどに思いを馳せていました。
帰途、坊守さんから来年のカレンダーを頂きました。
画像は「2009法語カレンダー」です。各月ごとに親鸞聖人のお言葉が書かれています。
表紙には「如来大悲の恩徳は身を粉にしても報ずべし」とありました。
そうです。「恩徳讃」のお歌をご存知の方も多いことでしょう。
1月から毎月味読したいものです。

画像↓は父の古里から仰ぐ山並みです。



閑話休題
このところ毎日のように、11月の訪問先にお礼状を書いています。
長年、筆まめで有名な私ですが、毎日ともなるとかなり疲れる作業です。
しかし、その前に先方様からお礼状や感想、アンケートなどが送られて来ています。
それらを読み返しつつ心を込めて認(したた)めています。




11月にお伺いした石川県加賀市のある小学校さんからは、講演を聞いて下さったPTAの会員さんの1人ひとりの感想が、どんと送られてきました。
1枚1枚拝読しながら、私のような者の話を、このように真摯に受け止めて下さって頂いたかと思うと、思わず涙が出てきます。有り難いことです。
人との出会いの不思議を、しみじみと思いながら今宵もペンを走らせています。
(今はブログ書いてるって・・・。あははですなぁ)

画像(↑↓)は加賀市の小学校です。車で着いた途端、待っていて下さるお心が伝わってきます。



いつもデジカメ持参でもなく、或いは時間的にカメラ構えることも出来ないのですが、数多くの訪問先の方々から温かなお心をたくさん頂戴致しました。全てをご紹介出来ませぬが心より厚く御礼を申し上げます。
まさに「人生は出会いの連続、ふれ合いを求めての旅」ですねぇ。

☆下の画像は、やはり11月に訪問した若狭のある保育園さんです。
新設5年目だそうです。西欧の教会を思わせる木の香が漂うような素適な園舎でした。園児さんたちの、とてもいいお顔の画像もあるのですが、割愛させて頂きます。




さてさて、それでは再びデスクワークに戻ります。
まずは、ちょっと心境・近況の報告でした。
どうぞ皆様、よき日々を。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

コミ通 08 師走号

2008-12-02 | Weblog
   
  捲りきて一枚となる暦かな (筆者近詠)

今年のカレンダーもついに最後の1枚になってしまいました。
朝夕はめっきり冷え込むこの頃ですが、皆様にはお変わりございませんか。

「あのの20周年公開例会」についてもう少し記そうと思っていたのですが、魔の11月は矢のように過ぎてしまいました。
前半は県内各地へ。後半は石川県各地へと、老骨に「無知売って」の行脚でした。
それぞれとても想い出深いものですが、とりわけ能登路は久々でしたので楽しいドライブでした。
(上の画像は七尾街道・中能登辺りです)

中能登町のラピア鹿島で石川県の「子育てサポーターリーダー養成講座」の講師を承りました。能登各地からご参加の皆様方と、楽しく学びあいの1日を過ごさせて頂きました。
(下の画像はラピア鹿島の正面風景です。素適な建物でした)




また、金沢の石川県庁でも南加賀(金沢以南)の皆様方と共に同様の内容でさせて頂きました。これまた心に残る出会いと学びの場でした。お世話下さいました、石川県生涯学習課の先生方にとても感謝致しております。
(下の画像は石川県庁です。それは素晴らしい近代的な建物です。一見の価値がありますよ!!)




今回の研修の主題は
「子育てサポーターリーダーに求められるカウンセリング・マインド」で、
サブテーマとして、
「親や子どもの心に寄り添うために」とさせて頂きました。






長年、カウンセリング講座や研修をして参りましたが、その時、そのときの雰囲気があります。この種の学びの場にご参加下さる方々は皆、とても心根のよい方々ばかりですが、今回は特にそれを感じました。
(下の画像はアイスブレイク「はじめまして」講座のオープニング風景です)




「あのの20周年記念公開例会」でも、多くの方々から「もう一度お話をお聞きし学びたいです」と言われました。
とても嬉しいメッセージですが、私も老骨、鞭も打てない、無知も売れないなんて思うこの頃です。

記したいことも、写真も山ほどあるのですが、積み残した雑用があれこれと。
12月は師走、つまり仕果たさなければならないことばかり。でも内勤(?)が多くなりますので、折々に更新したいと思っています。
それでは、冬の足音が響くこの頃、どうぞ皆様ご自愛なさってお過ごし下さいますよう、心よりお祈り申しております。ごきげんよう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加