コミュニケルーム通信 米沢豊穂 近況心境 NPO・Anono Chiefdirector Yonezawa o・w・s

カウンセリング 、教育、文学、仏教などを中心に講演・執筆活動中の米沢豊穂が送る四季報のIN版です。

親業から親学へ

2007-09-11 | Weblog



子育て悩み相談「すこやかダイヤル」(福井県教育庁生涯学習課)のリーフレット(A4カラー)が出来、県内の保幼小中の保護者の皆様に配布されました。
裏面にメッセージをと仰せ付かり、
 
      「もし、あなたが、あなたの子どもだったら」
        -より良い親子・家族関係のために-
というタイトルで書かせて頂きました。
私は、よりよい親子関係づくりの方法の一つとして、長年「親業訓練」という講座を開いてきました。その内容は主として親子間のコミュニケーションの方法でした。しかし、本年から「親学」という新しい勉強会を始めることにしました。
それは、カウンセラー、或いは保護司として、いじめ、不登校、非行など、色々な問題を持った子どもたちに接してきて、痛切に感じることがあったからです。そのことを「親学」として是非、世の親の方々に伝えて行きたいからなのです。
親であることは、やはり主婦業のような「業」ではなく、子どもが学校で学ぶように、親もしっかり学んでほしいという私の願いが込められています。
下のような画像です。文も転載します。

               

      
お父さん、お母さん、もしあなたが、あなたの子どもだったら、いかがでしょうか。
子どもであるあなたは「この親の子どもでよかった」、「この家に生まれてきてよかった」と思っていますか。
子どもの幸せを願わない親はいないのに、悲しい結果を迎えているニュースが流れてきます。長年「よい親子・家族関係づくり」のお手伝いをしてきて「これだけは大切だよ」と思うことを10ポイントにまとめてみました。 

 よりよき親子・家族関係づくりの10ポイント
1.家族の一員としての自覚と役割の実行
2.規則正しい生活の実践
3.挨拶の習慣は日常の生活の中から
4.偏食を防ぎ、楽しく食事をしよう
5.しつけ・指導は具体的に、一貫性を持って
6.善悪のけじめはしっかりと
7.子どもをほめることが出来る親だけが、叱ることも出来る
8.安定した雰囲気の家庭で育てる
9.目標を持たせる
10.感謝の心と畏敬の念を持たせる

このように列記しますと「なーんだ、そんなこと」と思われるかも知れません。しかし、実践となるといかがでしょうか。次のようなことを手がかりにして、10ポイント実践のスタートをしてみて下さるとうれしいです。

家庭は家族一人ひとりが協力し合って成り立つものです。子どもに役割を与えて下さい。3歳児でも出来るお手伝いは沢山ありますよ。

朝のひと時が1日をつくります。まずご夫婦で「おはよう」と言えますか。早寝、早起きに加えて朝ごはんが大切です。そして、園や学校にさわやかに送り出してやりましょう。また、家族揃っての食事は週にどのくらいあるか振り返ってみましょう。
間違ったこと、いけないことは見逃してはいけません。幼い頃に善悪のけじめを教えられなかった子どもは不幸です。でも、親が口を開ければ小言では子どもはたまったものではありません。子どもの良いところを幾つくらい言えますか。

家庭は、ほっとする互いに癒し癒される安らぎの場であってほしいですね。また、勉強や物事の達成には目標を立てることを教えましょう。欲しい物を買うときも前もって「いつ、どのくらいの物を」と目標を決めるといいですよ。

そして日々の暮らしの中で、お父さんお母さん、或いはおじいちゃん・おばあちゃんの姿を通して、生命の尊さと感謝の心を育んでいきましょう。
(フリーカウンセラー 米沢豊穂)


以上です。如何でしょうか。今後主として、NPO法人カウンセリング研究会「あのの」を中心に展開して行く予定です。参加者の話し合い、講師の講義などにより楽しく学べるように工夫しています。
当面、私がトレーナー兼講師、会のメンバーが勉強会の進行などのアシスタントをします。また、講師の養成もして参ります。
会への入会をはじめ、ご助言などを頂けましたら幸いと存じます。

★次回「あのの」例会は10月20日(土)の予定です。
ご連絡は、いつものように事務局・野口さんまで。(℡ 0776-54-5346)

 
      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コミュニケル-ム通信~2007年 秋号~

2007-09-09 | Weblog


日中は暑さが残りますが、一雨ごとに近づく秋を感じる北陸路の今日この頃です。
皆様には如何お過ごしでしょうか。夏のお疲れなど出てはおられませんか。
かく言う私も、爽やかに秋へのスタートを切る筈だったのですが、思わぬ伏兵が・・・。

主治医に定期健診を受けたところ、数値に?が。総合病院に紹介状を書いて頂き、検査を兼ねて入院でした。
何しろ入院は初体験なので興味津々でした。(不謹慎ですね)
医療関係でのカウンセリング・マインド研修などもしている私にとって、患者として病院の全てに関心を持ってしまい心の中で採点してしまいます。(勿論ナイショですが)

点滴中についウトウトと。気がついたら点滴は落ちきってしまい血が逆流!慌ててナースコールしたり・・・。
それにしましても、白い壁、白い天井、そして、クロームの点滴の吊り台。見事に無機質の空間でした。
でも、病室って、色々なもので埋まっている私の家や事務所と違い、スッキリとしてなかなかよいものでした。
旅の本など読んだり、思索の時を過ごすことが出来ました。
お陰さまで、今はもう元気です。

閑話休題
そんなこんなで、何となく旅に出たいって感じで、日帰りで琵琶湖へ行って来ました
画像は、湖西線(琵琶湖の西側を走る北陸線)特急サンダーバードから携帯で撮ったものです。福井から敦賀の山を越え滋賀県へ入ると間もなく琵琶湖が見え始めます。
下の画像は、ミシガン丸から写しました。
明日は今津か長浜か・・・♪


               

いよいよ明日から再スタートです。
今週は講演が4つ続きます。カウンセリング・相談の依頼も入っています。
カウンセリング研究会では「親学講座」の講師養成も始めなければなりません。

今度こそ
島根県の保育園の園長先生から「あまり頑張らずに、頑張って下さい」とのメールを頂戴しました。

ホントにそうですね。言い得て妙です。頑張らずに頑張ります。(w)
まずは近況、心境でした。それではまたお近いうちに。
                              ごきげんよう。





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加