randyの呟き

二代目猫・鈴と、な~んてことのない毎日。

君に温もりを・・・は不発

2016-12-24 23:27:47 | ペット


二人で日向ぼっこぼっこ。


寝室からふと見ると、


薄暗い台所で、箱の中に収まる鈴がいた。

気温が高めとは言え、冬である。
少々不憫に思い、


       なんか入ってる。

箱の中にベッドを入れてみた。


    これじゃ中に入れないじゃないの。

不評であった。
ならばせめてと、


     まだ何か残ってる。

座布団だけを残してみた。


              もう! ぷいーっ。

撤収。


      素のままのアナタでいいの。

ニンゲンなりの善意って、
きっと分かってもらえないんだろうな・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怖がり鈴の昔と今。 | トップ | 2017年 元旦 »

コメントを投稿

ペット」カテゴリの最新記事