加味・逍遙日記

漢方、心療内科

ヒトラーと交渉

2017年05月14日 | 日記
昔、イギリスにチェンバレンという
バカ首相がいて、
ヒトラーと交渉したんですよ。

ところが、ナチスの軍備を
整える時間を与えただけで、
結果、英国は空爆され、
最悪な結果となってしまいました。

こういう輩とは、交渉などしても
ムダだということを歴史から
学ぶべきです。

パラノイアという病態です。

4月は斬首のチャンスでしたが、
日韓がアホなせいで、
トランプ氏は極東への
興味を失いつつあります。

まずいです。

日本の防衛など
考えてくれなくなるかもしれません。

韓国へは、もうどうでもいいという
決断を行ったことでしょう。

犠牲が軽いうちに
もう一度トランプ氏とご挨拶を!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« よーわからん患者さんもおる | トップ | 困った話 »