大叔父・太田節三の慕情

節三とルーシー。シアトルからロサンゼルス
男が、胸の中に仕舞っていたものは・・

埼玉りそな銀行1918(川越市)

2016-10-17 19:57:55 | EXTRA

 明治26年(1893)3月27日20時15分。 
 旧城下の養寿院門前から火災発生の一報。

 町の消防22組が総出で消火作業に当たったが、
 北からの強風・連日の晴天続きによる
 空気の乾燥・消火用井戸水の使い果たし、町域3分の1を消失。
 連雀町の「時の鐘」「八十五銀行」も消失。
 翌18日8時に鎮火。
 出火原因は
養寿院門前紺屋職作業場の業務用灰を
 十分に消火しないで、灰部屋に入れたため。   
 蔵造りの町連雀町に、
 埼玉りそな銀行川越支店(旧第八十五銀行)がそびえ立ちます。
 
 明治11年(1878)10月15日設立。
 発起人は川越町内の旧川越藩御用商人や近郷の富農ら16人。
 川越町南町にあった横田五郎兵衛の敷地を一部借りて開業。
 明治31年1898)に普通銀行となり
 大正7年(1918)に第八十五銀行の本店として建てられました。

 鉄骨鉄筋コンクリート造り、三階建て、搭屋・金庫室付き。
 高さ25m、面積291㎡。
 近代金融史のシンボル的な洋風建築で、

 ネオ・ルネッサンス、サラセン(イスラム)風デザイン。
 
平成8年(1996)に国の登録有形文化財の指定を受けています

小坂鉱山の事務所も一緒ですネ※幾度か掲載しましたがいつか、また!


    
 設計は保岡勝也(やすおかかつや)(
1877~1942
 東京帝国大学で辰野金吾(日本銀行本店や東京駅を設計)に師事。
 卒業後は三菱社(現・三菱地所)に務め、
 29歳で技師長に就任。

 明治45年(1912に三菱を退社、
 保岡勝也建築事務所を設立し、
 住宅や数奇屋の設計者として活躍。
 享年65歳。

蔵造りの町シンボル「時の鐘」明治26年大火で焼失してしまった。



『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰りはこわい、とおりゃんせ! | トップ | ホッコリ!(越生町) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (tempo1078)
2016-10-18 04:58:49
歴史的建造物、
川越の街に溶け込んで
いますね。

おはようございます (とよ)
2016-10-18 07:15:04
tempo1078さま
偶然、車を止めたのが銀行で、
後で調べて、古いと知り、
撮っておきたくなりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。