大叔父・太田節三の慕情

節三とルーシー。
シアトルからロサンゼルス・男が胸の中に仕舞っていたものは・・

やるせないねぇ~!

2016-10-29 19:40:21 | Extra


こんな記事。
昨日は飲みっぱなしに飲んで、
今朝は満足だったのに!
このていたらく!
検体を入れた袋を、休憩所に置いて、
暖を取るのに、焚火の中に入れたと・・・!
誤ってと!
重労働と飢えで歿くなった61人がようやく日本に還れる、
最後の「61柱の歯」
休憩所のテーブルに置く自体不敬。
作業員も苦労したであろう埋葬地の遺体からの採集。
遺族の思いが叶う姿が浮ばなかったのだろうか。
間違えてって!
間違えてないでしょう!
焚火で温まる為には、焚火の木と「61柱の歯」が、一緒。
私は遺族ではないけど、

謝る職員めがけて、石ころに手を伸ばします。
なんか、むなしいね!
言葉がないから、ここでやめます!

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログのネタは? | トップ | 人が居なくなる少し前! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL