大叔父・太田節三の慕情

節三とルーシー。
シアトルからロサンゼルス・男が胸の中に仕舞っていたものは・・

早熟の、カリガネソウ!踏めない竜の髭!

2017-07-12 06:32:08 | 高尾山

外に出れば暑く、家の中、クーラーをかけると寒く、
何処に身を置けば程よく、快適になるのか、
今日も朝から、八王子カンカン照りです。


ジャノヒゲ❛龍の髭❜の花。
写真はピンボケですが、初めて見ました。
なんとなしに、踏んでしまう時があるのですが、これを見ると、踏めなくなります。

 

 

 

 

カリガネソウ❛雁金草❜
日は当たるが、乾燥しない場所に・・・。
8~9月の開花、早熟でした。
独特の匂いがあるというのですが、気が付きませんでした。

 

 

 

高尾山麓のアジサイは、もう枯れてしまっています。
辛うじて湿気のある中腹では咲いているのですが・・・・。

 

暑い折、体調に気を付けてくださいますよう!

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏バテのなかで、ジャコウソ... | トップ | 心頭を滅却すれば 陽 もま... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
折角に (fuyou)
2017-07-12 08:43:39
外は暑くクーラーをかけると”寒い”
これって 腹が立ちません?

29度に設定しても寒いなんて
ふざけていませんかね
少し変です

珍しい花です
龍のひげ カリがねですか
涼しそうに咲きますね
ありがとうございます
花の (とよ)
2017-07-12 19:06:21
fuyou さん

遅くなりました!

そうです、そうです!
八王子の外が寒いときは、5度くらい、
29度寒いから、インドの45度は、日本で程よく桜が咲くころの、体感温度ということになり・・・・・。


竜の髭がこんな可愛い花を咲かせるとは・・・です。
体調には配慮くださいネ!

コメントを投稿

高尾山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL