大叔父・太田節三の慕情

節三とルーシー。
シアトルからロサンゼルス・男が胸の中に仕舞っていたものは・・

まつり、八王子の「大工方」!

2017-08-09 20:26:34 | 散歩

 

祭りの写真が、インポートされない理由がわかり、
画像だけは復元できはしたけど、加工ができないという、段階。
画像が残れば、とりあえず、よし、とし
解析可能とあれば、後日、ゆっくりと、とし、
理由は画質の設定を、カメラでFINEとRAWを切り替えた所為、
解析されない画像はRAWでの画質、
ソフトがあればというけど、
今更ながらの、このソフト、貧乏書生には、
縁を遠ざけても・・・・。と
ながら、ここまで判ったのは、
群馬の女史のパワーが効いたのか、
安心したのは今朝、が、集中豪雨、被害はいがなものだろう。

八王子35℃の夏、
箱根8月5日、コガモが4匹生まれ、池で泳いでいるので、
〚どうぞ〛と誘われはしたけど、
避暑地とはいえ、僅かの隙間から顔を出せば、
浅漬けのナスも、泡を吹いてしまうほどの暑さ、
明日以降にもと・・・・・。云い、

とりあえず、29℃のクーラーの下で、一眠りと洒落、
寝がえりで布団を掛け直す度に❛寒い❜と、
無実の囚人が、牢獄の鉄格子を揺さぶっている姿に似た、
罪のないインコに八つ当たり、
甘噛み好きな彼女も、もとい彼、いや、やはり彼女?、も
決していい環境ではなかった一日。


辛うじて難を逃れた八王子まつりのファイル。
オーソドックスな山車祭りではありますが、
山鉾の前で「やりまわし」を指示する「大工方」が、
「ぶっつけ」で囃子と一緒に、気勢を上げる様のエネルギーは、
こじんまりしている日々の「めめしさ」吹き飛ばしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 檜原村、山あいに! | トップ | 葉月の日暮れは、合歓の木! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL