大叔父・太田節三の慕情

節三とルーシー。シアトルからロサンゼルス
男が、胸の中に仕舞っていたものは・・

秩父、鍾乳洞入れず!

2016-10-14 17:54:54 | EXTRA

おはようございます!
秋晴れと言えませんが、太陽が薄い雲間から少し、
覗き始めています。
用事が出来て、4~5日出かけられなくなりました。
出先に寺院があると、決って、
有名、無名にかかわらず、立ち寄ります。
けれど、どんなに頑張っても無信教、
願いごと」をしたことがない、
せいぜい、「ありがとさん」と、短い。

日本の寺院の軒周りは他の国と比べて別格?
と、思うのですが、

秩父の鍾乳洞の石龍山、橋立堂の軒周りは、小さい建物ですが、
どんな大きい寺院の軒周りより立派、どっしり存在感。
宝型屋根だからできる、庇?の出っ張り具合、
今、家屋に、こんな意匠で創る方がいたらいい・・な、と!
鍾乳洞の中は、足の具合を悟られ、入れませんでしたが、

しばし、御堂を眺めていました。

 

さて!少しマジメに仕事?に取り組みましょう!

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秩父、いつ着く? | トップ | 秩父、母の宝! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。