大叔父・太田節三の慕情

節三とルーシー。
シアトルからロサンゼルス・男が胸の中に仕舞っていたものは・・

榛名山麓ひよこ色の、ゆうすげ!❛1❜

2017-07-17 19:18:41 | 魅せられた!

 

群馬県、花の宝庫。

雨がポツリ。ポツリ。
7月9日満月を避けて、昨日、三日月辺りを待って訪れた榛名山。
榛名神社を見て、❛まゆみ❜の成長を見て・・。

某ブロガーさん、山歩きのスペシャリストの、花が待っている来い、来いと・・・。
夕方に咲き、真夜中でもっと咲き、朝陽の出を待って、花を閉じるという、
❛ゆうすげ❜

榛名山、事の始まりは❛まゆみ❜この花が、
秋の榛名山を優美にさせるのだという。
まゆみの丘と名をつけるほど。
が、今は榛名山が優しく見守っている、
可憐な、❛ゆうすげ❜この花に、遠い故郷の匂いが・・・・・。

            

 

 

 

  

  

  

 

     

 

  

    

 

 

 

  

❛ゆうすげ❜月が出ないなら、私が月に・・・・!

 

 

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高尾の猫と、私! | トップ | ゆうすげの道には、こんな花も! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (tempo1078)
2017-07-17 19:39:13
オゥ、

何と
キレイなことよ。
今晩は(^^)/ (hiroko)
2017-07-17 21:34:58
なんて素敵な所、
ユウスゲの道ですか、ロマンチックですね(^^♪
こんばんわ (たか)
2017-07-17 21:43:23
いらっしゃってたのですか?
私がユウスゲを見るのは何時も昼間でしたが
やはりユウスゲは夜が似合いますね。
榛名山を背景に凛として立つ姿
見逃しませんでしたね。
素敵なお写真に見惚れました
何と (fuyou)
2017-07-17 21:49:12
とよさまはすてきな詩人
一度だけでも
ゆうすげの道をともに歩いてみたい感じ
シンプルです。 (とよ)
2017-07-18 05:21:12
tempo1078 さま

おはようございます。
ゆうすげ、色がいいですね。
それがひっそり、咲く。
シンプルな花に見えました。
時の流れが・・ (とよ)
2017-07-18 05:36:05
hirokoさん

夕暮れの湖畔。
小さな対岸の明かりに、
時が過ぎていく、そんな榛名湖、
可憐な「ゆうすげ」の道は、
忘れていた、故郷の匂い、穏やかな心地でした。


Unknown (とよ)
2017-07-18 05:52:07
おたかさん

いらっしゃって、いました。
待つこと2か月余。
目的、ひとつクリアーです。
皆同じ方向に向かって咲く。
どの花も、まさに「凛」でした。
高速降りて、市街地を抜けるとどの家庭からも、
見たことがない花ばかり、
群馬は花の宝庫。
白根山の花、ただただ、目が点、テン。
Unknown (とよ)
2017-07-18 06:05:13
fuyouさん

おはようございます。
詩人にならせるたのは、ゆうすげ。
普段は、がさつで、おっちょこちょい!
こんな私でよければ、夕暮れの湖畔。
夜咲くゆうすげの道で、指を牽きましょう!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL