大叔父・太田節三の慕情

節三とルーシー。
シアトルからロサンゼルス・男が胸の中に仕舞っていたものは・・

❛まゆみ❜を訪ねて、40里!

2017-05-17 20:12:20 | Extra

雲も厚みも、重量級で、気温は相撲の前頭筆頭クラス。
こんな時の睡眠は、はかどるようで、ぐっすり寝てしまいました。
パソコンの調子以外は、まず快調、とおとなしく休養の一日でした。

昨日は某ブロガーさんから昨年「まゆみ」の群棲地を教えて頂いた、
群馬県榛名山まで、強硬ドライブしましたが、
時期早々、少し気落ちしましたが、この地で咲く「まゆみ」の、
壮大さは「
きっとすごい」と想像しながら、榛名湖でしばらく休憩です。

榛名山、標高1000メートルくらい、
季節感は、青森、秋田、岩手県と同じ位ではないでしょうか。
薄ピンク、穏やかな湖面に沢山、咲いていました。



道の両端は水仙が、ず~っと続きます。



白装束なら「月光仮面」
洒落たドライバー。手を振って通り過ぎました。
知らないところで、手など降られると、私も結構、ミーハー!嬉しいものです。




馬もいて、遊覧馬車もあった。



今日は平日曇天、とにかく寒い!
アヒルは休養日であります。







ケーブカー300メートルくらい。
乗ったら早い早い、あっという間に、榛名山頂。
階段を昇り、神社があるのですが、今回はパス。









まゆみが秋の開花に向け、たくさん蕾をつけていました。
まゆみは葉は、いち早く鮮やかな色を付け、この時期、葉の色で、
「まゆみ」と判別ができるそうで!


榛名湖を15時、高崎方面で下り榛名神社に寄ろうか、寄るまいか?
ではまた!

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガチョウの両親、子供のため... | トップ | ❛まぁ~ゆみ❜と呼んだら、ハ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うそ! (たか)
2017-05-17 21:10:13
とよさん、榛名にいらっしゃってたのですか?
標高1000mの空気は如何だったでしょう。
ツツジはソロソロかな?と思っていましたが咲き始めた様ですね。
水仙も未だ残っていた様でラッキーでした。
此処まで家から車で20分です。

マユミの原までは此処から伊香保方面に少し下りスケートセンターの標識を右折し山中に分け入った所に有ります。

榛名神社に寄ろうか寄るまいか
  では無く
たかさん家の寄ろうか寄るまいかにして欲しかった!
ほんと (とよ)
2017-05-17 22:34:25
たか どの
ほんと!
行きは、水沢、伊香保、「おんま谷」ここで90分。
これだ、スケートセンター右折れね!
まゆみの原、見つけられなくて、榛名湖へ。
帰りは高崎へ下って、榛名神社で、貴重な花を発見。
箕郷の看板を曲がろうとしたけど、
旦那を納戸に押し込め、居座ったら困るので、
後ろ髪引かれながら、回れ右、でんした!

ちなみにつつじは伊香保のチョイ上まで、榛名湖は
たかどの同様、可愛い蕾状態!でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL