大叔父・太田節三の慕情

節三とルーシー。
シアトルからロサンゼルス・男が胸の中に仕舞っていたものは・・

最古の劇場「康楽館」、猿之助が「宙」で舞うらしい!

2016-09-18 20:15:21 | 節三・Extra

昨晩は、バーボン片手に、撮りだめのビデオを鑑賞したあとは、
熟睡していました。
目覚めは、スッキリ、酒は「百薬の長」元々嫌いではない!ウン!
秋田県、十和田湖の紅葉の見ごろは、10月20日前後。
市川猿之助さん明治43年に建てられた「康楽館」で、
「宙」を舞うらしい。
国の重要文化財の建物は、日本最古級の劇場。
外部はきれいに施されているが、内部は、当時そのまま。
私の母「トク」や大叔父節三も幼いころは、姉達に、
連れられて、中央の歌舞伎をよく見たといいます。
たまたまブログを見た同級生が、6月の同窓会を欠席した穴埋めに、
「顔(つら)を出せ!」と脅迫さながら、短い電話。
忠告通り「まゆみ」の探索が無理、同様、
十和田湖行きは、来年へ持ち越しになりそう。

○ 公 演 日:平成28年10月22日(土)・23日(日)
○開演時間:◎午前の部 午前11時00分~

◎午後の部 午後 3時30分~
〇公演時間:約3時間
○観劇料金:
◎松席 12,000円  ◎竹席    9,000円 
◎自由席6,000円  ◎特別席18,000円
※当日券は上記に1,000円増し
〇 出 演 者
  市川猿之助 坂東巳之助 市川猿弥 市川春猿

  市川寿猿 市川笑三郎 市川笑也 市川門之助

康楽館 Kourakukan】
〒017-0202

秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字松ノ下2番地
TEL.0186-29-3732 FAX.0186-29-3219
<<観劇券絶賛発売中>>   

窓口にて直接ご購入頂くか、お電話・FAX・メールにてお申し込みください。
ホームページお問い合わせメールもご利用頂けます。お問い合わせなど、お気軽にお電話くださいませ



小坂鉱山事務所を見上げる、元職員の老夫婦の像

康楽館の敷地の中、小坂鉱山事務所。
中には、小坂町、鉱山の資料展示、
当時の洒落たドレスを借りて事務所内どこでも撮影ができ、
食事処もあります。

ロマネスクの雰囲気、そのまま。




ここはお土産屋さん、食事処。


来年はゆっくり散歩しましょう。

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気分は、くじら! | トップ | 雨、蛇の目がこわれる! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

節三・Extra」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL