大叔父・太田節三の慕情

節三とルーシー。
シアトルからロサンゼルス・男が胸の中に仕舞っていたものは・・

タイトルが浮かばない!

2017-02-08 20:43:27 | Extra

つい、手が・・・・・



酒盛りの心得とばかり・・・・手際よかったのですが、
コップ半分で集中力が一気に、すと~ん落ちてしまって・・・・・



本日のタイトルが浮かんできません・・です。
皆様、あしたまで・・・・ごきげんよう!

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 兄貴、呆れる!ルーシーと節三! | トップ | 画面、ウンでも スンでもな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL