大叔父・太田節三の慕情

節三とルーシー。
シアトルからロサンゼルス・男が胸の中に仕舞っていたものは・・

寄りました、榛名の髄神門!

2017-05-19 20:10:51 | Extra



牡丹桜に灯篭、灯篭の苔の具合が、何とも云えない雰囲気に、
青い幟に「いわな」の塩焼きの文字が、
小腹の空いた時間だった、休みだったのが惜しい・・・。



2年後位は自分もこうなる。
今もそうだけど、いつかは誰かに手を煩わせるに違いない!



本殿まで15分、道草得意の私では、倍はかかる。
何しろ鳥居からこの看板まで20メートル、
あっち、こっち見て、すでに15分もかかっている。



ここを訪れたのは40数年前、そのころ、
歴史を調べるなんて、これっぽちもなかった。
読んでみると、気の遠くなる年代物、記憶から外れていて、思い出せない!



まず神社へのとばっ口で、
彫り物を見て「歴史だなぁ」と思わされる。
江戸末期1847年の、随神門。




狛犬が4匹、真ん中は花のように見えるのですが、







狛犬の目に目がない。
サングラス?トンボの眼で渦を巻いて、










裏から見ても、やはり立派!
4匹の狛犬と、花?がほられている。
倒れそうな石垣も、また歴史の重みを感じさせてくれる。



神社の中に、武田信玄が、必勝祈願の為に矢を射ったと言われる、

矢立ての杉がありました。
 



ここはもう張りつめた空気。

 



昔農家の方が、日照りになると、榛名神社の泉を桶に入れ、

土地に撒くと、あっという間にあめが降ったといいます。
榛名神社は農民に信仰されていたようです。

その泉が万年泉と言い、大きい岩の上から落ちているのですが、
餌にありつけな「鷺」に見とれ、撮っていませんでした。

 

 

 
いつまでも餌にありつけない「鷺」
参拝者の人気者になったのに!
ではまた!

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ❛まぁ~ゆみ❜と呼んだら、ハ... | トップ | ♪ 白い花が咲い~ていた・・... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (たか)
2017-05-19 23:41:00
雰囲気が良く出ている素晴らしいお写真にウットリ!
榛名神社が、とよさんのお蔭でまたまた格が上がりました\(^o^)/
狛犬の目に注目されましたか。
牛乳瓶の底の様に見えますよね(笑)
もしかして、あの狛犬様、ド近眼?
それとも宇宙犬?

やはり、とよさん、目の付け所が凡人では無かった!
何度も訪れているのに私は全く気が付きませんでしたもの。

最上部の彫刻は次のブログ?ですか。

乙女に返信! (とよ)
2017-05-20 04:33:11
おたか どの

そうだ、ありぁ~、確かに牛乳瓶。
ニューファッションかと思った?
寄ってよかった榛名神社。
目の付け所は、たまたま気づいただけ!
今回は、とばっ口。
良ければ、もう少し、お・つ・き・合いを!

旦那さん今年の体調は、いいの?
今日、明日は気温も夏、気を付けられますようにと、
お伝えください。
永遠の少女が傍にいるから、大丈夫、か・・・。

ようこそ群馬へ (夢母)
2017-05-20 18:16:15
榛名神社
我が家も一度行きました

歩きますよね
かなり・・・


最近はパワースポット巡りとかで
人気の神社になったようです

入り口近くでは
新そばのころ新そば祭りがあるそうです
こんにちわ (たか)
2017-05-20 18:24:11
御心配、ありがとうございます。
手術をしてちょうど一年が経ちました。
毎日、1時間ほど歩いて体力を付けていますので
私より元気みたい!

とよさんも足の方はスッカリ良くなられましたか?


こんばんは! (とよ)
2017-05-20 20:08:12
夢母 さま

パワースポットと言われて、実感する厳かな神社でした。
ここでそばを食べたら、
蕎麦好き私にも、パワーが出そうですね。
元気です! (とよ)
2017-05-20 20:16:28
おたか どの

もっと、良くなるといいね!

あっしは、これ以上よくならないと、
医者も見放す状態。
歳ですから、さほど苦には思っていません。
歩けるだけ、幸いでしょう!
慎重になって、好都合です、ヨッ!



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL