大叔父・太田節三の慕情

節三とルーシー。
シアトルからロサンゼルス・男が胸の中に仕舞っていたものは・・

高尾の猫と、私!

2017-07-16 23:54:45 | 高尾山

2017.7.14  pm6:00
誰もいない高尾山の頂上。
小仏峠から、戻って、ほっとした矢先。
私を迎えた、高尾山の猫。
彼も、人がいなくなった自分の陣地で、
我の気分に、浸っていたのだろ!
いくら声をかけても・・・・。

2017.7.16 pm11:20
群馬・榛名山から、我が家に着きました。
これからの私、高尾山の猫になる、ソウ、間違いない・・・・!

 

 

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥高尾で、咲いていた! | トップ | 榛名山麓ひよこ色の、ゆうす... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (tempo1078)
2017-07-17 04:01:59
高尾山の
山歩きに嵌っていますね。
嵌ったのか、山が呼ぶのか。 (とよ)
2017-07-17 09:52:17
tempo 1078 さま

4700回登ったという82歳の女性がいました。
尊敬するどころか、開いた口は、開きっぱなし!
私の高尾は、手足の指で数えられるくらい。

コメントを投稿

高尾山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL