大叔父・太田節三の慕情

節三とルーシー。シアトルからロサンゼルス
男が、胸の中に仕舞っていたものは・・

梲(卯建)

2016-10-19 21:16:13 | EXTRA

川越、蔵造りの町では、梲(うだつ)を上げた、
お店は、1件しかなかった。
周りお店が「梲の上がらない」という皮肉ではなく、
見たまま「妻壁を一段上げた建物」ということで、
誤解ありませんよう。
さて、明日まで「いとま」をいただきます。
残務整理であります。

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホッコリ!(越生町) | トップ | 七重八重花は咲けども・・タ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (tempo1078)
2016-10-19 21:40:25
梲が上がらないって
言葉の意味は、

最近のTVのBS旅番組などで
梲が取り上げられることが、まま多くて
知っていました。

ワタクシは
実際に梲を見たことはないのですが・・・
おはようございます (とよ)
2016-10-20 03:45:12
tempo1078さま
景観としてみると、、
重みがありました。
本来の役割としては、
大火になって、焼けたわけですから、
木造建築の弱点、
火事の多いときだったから、
苦肉の策だったかもしれませんネ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。