とやま新聞童話

富山新聞に掲載された山口弘信作成の童話です。

おまもり神様たちの秘密会議

2017-07-16 20:18:59 | 童話

 

 

平成27年9月10日 富山新聞掲載

 

おまもり神様たちの秘密会議

 

 ひろし君と妹のしほちゃんが、押入れの戸に、そっと耳を当てて、中のお話しを聞いています。

その押入れの中には、天神様とおひな様と五月人形かぶとが入っているのです。

 天神様がかぶとに、「ひろし君が、自転車の練習をしていて、たおれて手をすりむいたでしょう、しっかりと守ってやらないと、だめでしょ」と言っています。

 かぶとは「そうなんですけど、骨折をさせないで、手をすりむいただけで、終わらせるので、せいいっぱいでした。」「うん、そうだな、本人にも、自転車に乗るときは、気をつける必要がある、ということを知ってもらうためにも、それでちょうどよかったのだろうね」と言っています。

 この中では、天神様が一番えらそうにしています。

 おひな様にむかって「しほちゃんは、かぜをひいたけど、どうだったんですか」「ようち園でかぜがはやっていて、仕方なかったのです」と会議をしていました。

 「ひろし君の勉強は、本人がやる気になっていますので、このまま見守りたいと思っています、どうでしょう」と天神様が言いました。

 十一月一日に、押入れの中で、ひみつの会議が、開かれることを、ひろし君は、学校の友達から、教えてもらったのでした。

 その会議の話は、大人には聞こえなくて、子供だけに聞こえる、ということでした。

 ひろし君の家の天神様は、かけじくに天神様の姿が描かれたものです。おじいちゃんが、買ってくれたものです。

 正月に、ひろし君の勉強が出来ますように、また、家族全員が幸せでありますように、との願いをこめて、かざられます。

おひな様は、おだいり様だけのものです。しほちゃんが生まれた年に、おじいちゃんとおばあちゃんが、しほちゃんの幸せを願って、買ってくれたものです。

おひな様祭りにそれをかざって、おじいちゃんとおばあちゃんをお呼びして、ごちそうを食べながら、しほちゃんの幸せと、みんなの幸せをお願いします。

五月人形かぶとは、仙台のだてまさむねのかぶとを、ひろし君が、実際に冠れるようにしたものです。こどもの日に、取り出して、くだものやおはぎをお供えし、その横に、花びんをおいて、しょうぶを差しておきます。しょうぶの香りが部屋一杯に漂います。

その日は、そのしょうぶをお風呂に浮べ、しょうぶ湯を楽しみながら、ひろし君の無事な成長と家族の無事をお願いするのです。

 ひろし君は、自分がけがをしないように、お父さんとお母さん達が、心配してくれていることを知っていました。天神様達の、ひみつの会議を聞いてから、かぶとも自分のために、見守ってくれていることを知りました。

ひろし君はしほちゃんに「ひみつ会議のみんなに、めいわくをかけちゃだめだよ」と兄ちゃんらしく、言いました。

『富山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« らかん様へのお願い | トップ | お祖母ちゃんとの約束 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。