とやま新聞童話

富山新聞に掲載された山口弘信作成の童話です。

らかん様へのお願い

2017-07-16 20:02:10 | 童話

 

平成28年9月8日 富山新聞掲載

 

 らかん様へのお願い

 

 ひろし君がお父さんと一緒に、となりの町内にある、お祖父ちゃんの家に自転車に乗って遊びに来ました。

 自転車は、四年生になったお祝いに、お父さんに買ってもらった赤色もようの、いかにも、スピードが出そうな子供用のものです。

 お祖父ちゃんが「すばらしいのをかって貰ったね、道路に出るときは、じゅうぶん気をつけてね」と、少し心配そうに言いました。

 ひろし君は、「うん、分かっている。」と元気よく返事をしました。

 しかし、お父さんと帰るときに、見送っていたお祖父ちゃんは、心配になりました。

 それは、お父さんが道路の左側を走り、ひろし君は道路の中央を走っていたからです。

 その少し先に、一時停止の看板がありました。お父さんもひろし君も停止することなく右に曲がって行き、見えなくなりました。

 お祖父ちゃんは、もう、ひろし君のことが心配で心配でたまらなくなりました。

どうしたらよいか、必死に考えました。

 「そうだ、もうすぐ、らかん祭があるから、らかん様に交通安全をお願いすることにしよう。だけど、本人の交通安全に対する強い自覚がなくては、らかん様も、おまもりの仕様がない、というかもしれない。」

「ひろし君と一緒に、団地内を実際に自転車でまわって、交通の決まりを知ってもらうことにしよう。」と思いつきました。

さっそく、ひろし君の家に電話をしました。

「今度の土曜日か日曜日に、ひろしちゃんと妹のれいちゃん、遊びにきてちょうだい、ひろしちゃんに交通安全のお話をしたいの、いちごのケーキを準備して待っているからね。」と連絡しました。

日曜日に、れいちゃんとお母さんは車で、ひろし君は自転車で来ることになりました。

 その日に、お祖父ちゃんは自転車に乗って、ひろし君を迎えに行きました。

 ひろし君は、お祖父ちゃんの横に来て、並んで走ろうとしたので、お祖父ちゃんは停まって、言いました。「自転車は、二列になってはダメなんだよ、お話が出来なくて、さみしいけれど、自転車に乗っているときは、集中して、しっかりと前を見る必要があるの。だから、うしろから付いてきてほしいのだけど、分かったかな。」「うん、分ったよ、うしろから付いてゆくよ」

 そして、お祖父ちゃんの団地を、二回まわって、「信号のあるところでは、信号を守ること、一時停止の看板があれば停止し、右と左を見ること、歩道のあるところでは歩道を走ること、そのときには車道に近い部分を、ゆっくりと走り、歩道だから歩いている人に、めいわくをかけないようにすること」を勉強しました。そのあとで、いちごケーキを、みんなで食べました。

 つぎの日曜日が呉羽山五百らかん祭です。みんなで一緒に行って、交通安全のお願いをすることを約束しました。

 お祖父ちゃんは、それでもまだ心配で、帰りも自転車でひろし君の家まで一緒に付いてゆきました。ひろし君が先頭になり、お祖父ちゃんが後からついてゆきました。

『富山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キツネのお医者さん | トップ | おまもり神様たちの秘密会議 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。