富山マネジメント・アカデミー

富山新聞文化センターで開講、教科書、参考書、講師陣の紹介、講座内容の紹介をいたします。

朝鮮の歴史の発展法則

2017年08月10日 | Weblog

怒りに狂うほどの脅威は、北朝鮮の核武装である。しかし、これだけの経済制裁を受けながら、短期間に兵器開発を遂げたのは、北朝鮮の平城である。韓国は、この間に進歩なしか、退歩。

朝鮮の歴史は、太古の箕氏の時代から、北朝鮮が歴史において優位性を保ってきた。李氏朝鮮の時代にも、通貨の流通では、南、中、北部の三つの経済圏に分かれていた。通貨に統一に成功したのは、日本の第一銀行券とその電信為替制である。その時でも、北朝鮮は帝政ロシアの東方進出に付随し、シベリア鉄道の沿線に遠隔地商人の武装した商団を経営し、経済基盤を構築し、日本の東北進出の対峙する勢力を構築した。これが、コミンテルンの極東支部となって、今なお、北朝鮮労働党として武装した政治星稜として、遂に、世界史にデビューした。

したがって、その裏面には、歴史の偶然はなく、必然性が隠されている。北朝鮮の富の源泉は、レアーメタルであり、無煙炭である。経済制裁をうけても,極秘の輸出が可能なのは、Iトン当たりの価格が石油よりも高価であるからだ。

さらに優れているのは、彼らの知能である。李氏朝鮮の朱子学を内から解体したのは、ピョンヤンの学派である。その伝統は生きている。実に手強い強国である。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伝統企業の崩壊が日本経済の... | トップ | 観光学アタマ、経営学アタマ »
最近の画像もっと見る