富山マネジメント・アカデミー

富山新聞文化センターで開講、教科書、参考書、講師陣の紹介、講座内容の紹介をいたします。

越中の江戸屋敷を再建することだ。

2017年07月18日 | Weblog

TMA講師代表:常に申し上げたいのは、袋小路の議論をしないことだ。不二越の本社が東京に移転するなら、越中の江戸屋敷を復元することだ。首都と地方という二分法の思考は、自らを沈めてしまう。大阪のパナソニックが、BtoBのビジネスのために、東京に本社を移すことになった。大阪生まれは採用しない、という毒舌は避けたが、本音は同じ。大阪大学、神戸大学の凋落は激しい。首都圏との落差は、年々に拡大し、北大、九大、広大、名古屋大、・・・凋落の一途である。

全てのナレジワークが首都圏に統合されてきたからである。従って、東京本社制度を採用し、富山にあるのは、サービスワーカーの事業所という時代に変化した。富山市も、副市長が東京常駐という形に早く対応する必要がある。高岡市などは、周辺地区にかかわる前に、東京に市長室を設けるなど、北陸で首都圏に最も近い利便性を活かすことである。

パナソニックが東京本社になるなら、新幹線の福井より西への延伸には、関心を棄てるべきである。江戸時代、越中の江戸屋敷は、加賀藩と富山藩の藩邸にあった。つまり、今の東京大学本郷の敷地内にあった。鉄道開通以後は、富山の企業人は、上野駅を基準に定宿をもっていた。

全富山の会館を首都圏にもつために、あらゆる努力を傾け、富山の江戸屋敷を再建することだ。もう、西を見ない。知恵と富と権力は、全て江戸に集中している。となると、埼玉の大宮あたりでも、いわば東京ということになる。異郷での飛び込み営業に耐えられないから、越中に縮むなら、リーダの未来はない。越中人脈だけを追わないで、異郷のひとに郷土を売り込むことだ。

主義のために、トレンドを見失うと、百年の禍根を残すことになる。では、何のための江戸屋敷か。それは、BtoBだけでなく、人口の富山への還流を呼び込む営業拠点である。新幹線を西へ延伸する努力は、金沢に任せる。石川県に大きく遅れている首都圏へのナレジワークの集中が急務である。土着の横着を決め込んではならない。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 個人業績の情報公開 | トップ | 人材戦略と福祉政策を混同し... »
最近の画像もっと見る