富山マネジメント・アカデミー

富山新聞文化センターで開講、教科書、参考書、講師陣の紹介、講座内容の紹介をいたします。

大学院の入試には、TOEFLの受験を義務づけよう!

2017年06月19日 | Weblog

中国語の検定教育に参与してきた立場からいうと、中国語検定協会が認定する級は、中国の大学・研究院に正式に入学する資格としては不適である。なぜか、日本語に訳したり、日本語を中国語の翻訳するという「なまけものの代行業」を請け負う通訳の育成である。だから、初心者は3級に合格すれば、そこからHSKに切り替えるように指導してきた。中国語は、中国語で言い換えて学ぶ。それが実用派の正統だ。

英語に関しては、TOEICにはビジネス英語という目的志向があり、4年制大学で実社会に就職する場合、最適の選択といえる。ただ、大学教育の現状を知るなら、大学院入試が、本当の「学識者」となる線引きラインである。大学院の英語の入試が、TOEFL必須とすれば、大学院の差別化ができる。さのため、教養教育の英語化TOEFLが必須要件である。中国語は、HSK対応が基本である。

本学は独自の工夫で大学院の英語入試をする、という大学院に限ると、英語教育のそもそもの主旨を間違えている。まして、日本の英検では、アメリカの大学への留学資格にはならない。国際化に力を入れている顔をして、未来の日本人の可能性を摘み取ることになってきた。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地方自治体の首長の学力限界 | トップ | 大衆社会が暴けない学士院、... »
最近の画像もっと見る