しゅんけいの日々是好日(晴れたり曇ったり時々雨哉)

「書」を生業としています。書は人なり、
文字は先人の想い、目に見えない文字の裏側を感じて伝えていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時空

2016-02-24 10:28:17 | 日記
思えば、なぜ私は字を書いてきたのか?
なぜいろんな事に興味があってやまないのか?


これからの時間を自分の納得のいくように過ごしたいだけだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰いたしました。

2016-02-19 15:16:40 | 日記


おかげ様で昨年より新しい教室が増えました。

合志市の生涯学習講座を3回担当させて頂き、その講座生の方が自主講座を開かれたので月に1回1月より合志市に伺う事になりました。
生涯学習と言う講座でしたから書道と言うより、「いかに楽しく生きるか!!!」と言う様な講座です。

昨日は2回目で8名の方がご参加くださいました。
まず、9時半より11時半までの2時間で書を書く事で必要な知識などをお話しして
○筆ペン講座
    書くと言う事(ひっかく・ほる・かく)
    文字について(古代文字から漢字・仮名)
○実技披露
    古典(楷書・行書・隷書・篆書)
を学んで頂きました。

来月は3月17日(木)9時半より11時半です。


午後は昨年より開催しております「青樹子アートスクールの書道講座」でした。

書の基本と鑑賞について、中心と重心、美しく見えるのはなぜか?
書を鑑賞する機会はあまり多くはありませんが、資料の見方、石碑の見方などをお話しいたしました。

私が学んできた事は全てが正しい事ではありません。歴史の研究で変わる事も多々あります。
しかし、その事も踏まえて更に学びわかりやすい言葉で一人でも多くの方に伝えていきたいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

形になって残る「書」

2014-03-17 11:04:03 | 日記
生まれ育った町に、私が書かせていただいた看板が上がった。
2月末の雪の降る日に専立寺さんに杉板を運んでいただいて気持ちを整えて一気に筆を走らせた。

「秤屋(はかりや)」さん創業明治43年の老舗。

外観の工事をなさって一昨日看板が上がったのだった。

晴天の中、6人の人の力で看板が設置された。

私はここのおばあちゃんから知っている。


祖父母の代からの馴染みのお店。

昨日は祖母の17回忌の法事だった。

祖母もきっと喜んでくれているに違いない。

心をこめて130年以上の杉に、110年続いてきたお店の屋号を書かせていただいた気持ちは感謝の心でいっぱいだ。

これからこの看板はこのお店にそしてこの町にゆっくりゆっくり馴染んでいくのだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本お水は最高!!!・・・くまモン地下水のお勉強。

2014-03-14 19:44:20 | 日記


昨年熊本地下水財団の依頼を受けて「水湧き出る國」のロゴを書かせていただいた。

くまモンも熊本の地下水についてお勉強中らしい♡。


熊本のお水を一人でも多くの方へご紹介したい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無事。

2014-03-12 07:43:28 | 日記
あの震災から3年。

忘れてはいけない日。

何もできなかった私。

日本中が情報に震えた。

今も、これからもまだまだ続く。


無事である今。

今を自分らしく生きる。

忘れないで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加