goo極楽トンボの人生行路

勝手気ままに、独断と偏見の瞑想空間

新しい前奏曲

2017-06-13 18:47:07 | 日記
昨年は 4人の新人証券マン?が 事務所にきていた。
N証券はJ大出身 M証券K大出身 D証券はD女子大出身 私が一番目を掛けていたのは九州のWS大出の二流証券の新人

今年は二流証券マンが転勤 M証券も N証券も来なくなり D証券のみが私の新しいビジネスの成功を当てに 時折首を出す。

今日で24歳のお誕生日だと言いながら D証券の美女がやって来た。

以前から なんだかんだと ちょっかいをかいていたのだが、新しいビジネスパートナーが 唯私の側にいるだけで収益の分配を得る事を耳にした瞬間 「私も そうなりたい」と 呟き「その為には 会社を辞めなければならない?」と真顔で私を見つめた。

会社を辞めてもを 天秤に賭ける程のものでも無いが 証券の営業の苦しい現状を 教えられた。

老骨 未だ 死ねず
老欲 新たに 芽生える
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自己否定のあわれさ | トップ | 本田圭佑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL