十和田湖の自然  ~ゆらゆら日誌~

ゆらゆらと十和田湖をめぐりながら、自然のうつり変わりを紹介していきます。

早春の御倉半島

2017-04-25 14:58:50 | 風景
ゆらゆら。。。気温16.6℃。西南西の風2ⅿ。
今日の御倉半島です。
清々しい風を浴びながら遊覧船の上からパチリッ!
ワイルドで男前なイメージのこの半島。
断崖絶壁の迫力はものすごいです!
よく見ると、木々の枝先の色が少しづつ変わってきています。
もしかして、カツラの木の花咲いてるかも。

5月7日(日)早春の十和田湖 春の西岸観察会が行われます。
昭和天皇も散歩された道を、春の植物などを観察しながら歩きます。
詳細は自然公園財団十和田支部のホームページをご覧ください。
みなさまのお申込みお待ちしております。


この記事をはてなブックマークに追加

マルバマンサク開花してます

2017-04-11 13:02:57 | 植物
ゆらゆら。。。気温10.3℃。東の風2.3m。
先日退職されたKさんの締めの川柳、毎回楽しく読ませていただきました。
ありがとうございました。

8年振り再デビューのものです。 お久しぶりでございます。よろしくお願いします。

写真のマルバマンサク、先日、職員の0さんが休屋地区で撮ったものです。
青空をバックに太陽の光を浴びて、堂々として素敵です! 花びらがロール状にしまってあった痕跡がハッキリわかりますね。
十和田湖は急に雪解けが進んで、キクザキイチリンソウがひょっこりあらわれそうな勢いです。
でも、今朝の冷え込みはちょっと厳しかったかな。
出勤する時、湖に薄氷が張っていました。
温かかったり、急に冷えたり、まだまだコートが手放せない十和田湖です。
十和田湖ビジターセンターでは、山菜の写真の展示をしています。
もちろん、楽しい解説付きです。 ぜひ、見にいらしてくださいね!

この記事をはてなブックマークに追加

何か言い忘れたようで!

2017-03-31 19:28:19 | 風景
表題の言葉は、同級生の「因幡晃」さんの歌です。
あとは、NSPの天野さん、そしてユーミン、ついでに。
石田純一、中畑清、江上剛、立川志の輔、水越恵子、杉真理
北の湖、竹下景子、阿川佐和子、ジャネットリン、シンディローパー
ジョントラボルタ等々比べることが、おこまがしいですが・・?
素晴らしい方々が同級生のようです。
事務引継ぎなどを終えて今日で、定年となりました。
今まで、この場でお付き合い下さいましてありがとうございました。
十和田湖が環境省の「国立公園満喫プロジェクト」に
選出されたので今後に期待したいと思います。
4月から、環境省十和田自然保護官事務所がパワーアップして
「十和田八幡平国立公園管理事務所」となりました。
人員も増えて国と地元の、力の入れ方が変わると思います。
今後の、十和田八幡平国立公園に期待します。
「見守られ 見送られては 送り人?」by感謝

この記事をはてなブックマークに追加

乙女の像!

2017-03-25 14:03:19 | 風景
予想最高気温3℃、西風3m、晴。
1年前の写真がありました。
「乙女の像」の本名は「3者功労の碑」です。
十和田湖を広く紹介した、県知事武田千代三郎
当時の村長小笠原耕一、そして大町桂月の
功績を称えて青森県が建立したものです。
津島知事の弟、太宰治が佐藤春夫の世話を受けており
その佐藤と高村光太郎が親交があったことからとのこと。
高村光太郎の最後の作品となっています。
昭和28年10月21日、紅葉の湖畔で
除幕式が行われました、その時、光太郎は
「立つなら幾千年でも立っていろ」との
詩を贈っています。
「立ち上がり 何しに立ったか 忘れてる?」
by残念

この記事をはてなブックマークに追加

好きな写真!

2017-03-18 13:04:57 | 植物
予想最高気温3℃、西南西の風3m、なごり雪。
自分が好きな風景に出会った時は
本当に嬉しくなります、この写真の時もそうでした。
「ハート型の湖と霧氷」ハート型だけに
心にぐっと来るような気がします。
樹海ラインのここから、笹森展望台にかけては
よく霧氷が付くところで天気が良いと
岩手山も見え絶好の写真スポットとなります。
少し足を延ばすと、七滝や道の駅もあります。
小坂町には「とんかつラーメン」もあります。
何故か話がすぐ食べ物になってしまいます。
また、来週に続くかも?
「ピリオドを 打てば涙が 止まらない?」by謝謝

この記事をはてなブックマークに追加

ネタ切れ!

2017-03-17 13:49:34 | 風景
予想最高気温3℃、西北西風3m、晴。
ネタ切れと写真切れにつき
昨日の写真の続きとなりました。
また定年により私が書くブログもたぶん
今日・明日で終了することになります。
この次から、若い主婦の方がデビューとかまた1年振りや
8年振り再デビューする方が現れることになると思います。
ご期待ください、また引き続きこのブログの
ご愛顧のほどよろしくお願いします。
御鼻部山の隣の南八甲田「櫛ケ峰」綺麗です。
ぜひ晴れた日に来て、見て頂きたいと思います
十和田湖の四季写真展も28日まで開催しています。
「青空に 道草をして まだ麓?」by流れ雲

この記事をはてなブックマークに追加

快晴!

2017-03-16 12:31:55 | 風景
予想最高気温3℃、西風4m、晴~曇。
朝は快晴でしたが、風もあり冷え込みもあり
カメラを持って立っていると湖畔は寒いです。
しかし、天気が良いので展望台にも
湖畔にも数人のカメラマンがいます。
この場所も先客がいたのですが
帰ったので譲り受けました。
数日前に降雪があり雪が白くまだ綺麗です。
南八甲田方面も写したのですが今回は
十和田山と戸来岳を選びました。
11月の頭まで、この桟橋にはヒメマス釣りの
人々が早朝から群がっていました。
「釣り人と ヒメマス達が 群れをなす?」
By大賑わい

この記事をはてなブックマークに追加

湖面鏡!

2017-03-11 13:03:54 | 風景
予想最高気温0℃、西風1m、雪。
冬型の気圧配置で雪が降り続いています。
9年前の「湖面鏡」というか「春うらら」
みたいな写真を見つけました。
雲が流れて水鳥がいれば最高でしたが?
左の島は甲島、甲と言えば、右は鎧島です。
誰が名前を付けたのか、大町桂月か?
松は岩場の乾燥に強い北五葉のようですが。
右端の真ん中の建物が十和田ホテルなので
白い山は、鉛の採れた鉛山となります。
「鉛山 雪が積もって 白い山」byお粗末

この記事をはてなブックマークに追加

湖面アート!

2017-03-09 12:42:03 | 風景
予想最高気温-1℃、西南西の風2m、雪。
3年前の「子ノ口」付近の氷です。
一片が畳3~4枚分あったような
スケールでとてもいい風景でした。
それ以前も、それ以後も目にしていません。
同じような気象条件はなかなか無いものかもしれません。
100年に1回とか、1,000年に1回の
東日本大震災から間もなく6年ですが?
今年は、昔訪ねた三陸方面のビジターセンターに
出来ればドライブでもと考えています。
一昨日は秋田県、昨日は青森県の公立高校の受験。
毎日、汗と鼻水を流してクロカンスキーの
練習ばかりで全然勉強しないで臨んだ遠い昔!
今まで、生きているのが不思議な位です。
「大丈夫 運と勘とで 生かされて?」by謝謝

この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ!

2017-03-08 13:15:35 | 風景
予想最高気温-2℃、西南西の風2m、曇時々雪。
朝の峠は-6℃で吹雪模様でした。
今朝の湖面の雪模様が、まあまあかなと?
金曜日までは雪の予報となっています。
金曜日辺りから気温が上がるようですが
来週も雪マークとなっています。
冬将軍と雪女がまだ頑張っています。
5月の連休でも雪が降ることがある
十和田湖ですから仕方がありません。
「十和田湖は 夏は天国 冬地獄?」
By残念

この記事をはてなブックマークに追加