十和田湖の自然  ~ゆらゆら日誌~

ゆらゆらと十和田湖をめぐりながら、自然のうつり変わりを紹介していきます。

再・鉛山!

2016-12-10 14:42:31 | 風景
予想最高気温-3℃、西風5m、雪。
先日の「鉛山」と「十和田ホテル」の写真が
余りにも大雑把過ぎたので、過去写真を整理中に
割といい写真を見つけ、ネタ切れに付き再掲載です。
真ん中の下が十和田ホテルで、左隅の真ん中の
白い部分が「鉛山鉱山跡」となっています。
この白い部分も鉱毒とかで植物が生育しない?
十和田ホテルの右側部分は旧館で「秋田杉の館」
と言われ「天皇のお宿」ですが、平成10年に
リニューアル工事され、左側は新館です。
ランチの後、ここの露天風呂から十和田湖の
両半島が見える景色は中々いいものでした。
また、ランチと日帰り入浴の復活を待ち望みます。
「復活を 待ち望んでる 人がいない?」by痛恨

この記事をはてなブックマークに追加

銀山!

2016-12-09 14:44:16 | 風景
予想最高気温3℃、西南西の2m、雪~曇。
朝の湖畔は吹雪で、焼山まで道路はシャーベット状で
タイヤがグリップしない最悪の状態でした。
焼山に着いたら、太平洋側の天気となり青空!
何度も目にしていますが驚きます。
昨日に続き、秋田県側の鉱山シリーズの「銀山」です。
「鉛山」に遅れること54年後の、1719年に
銀鉱が発見されたとのことです、そして1872年
(明治4年)には工部省が引き受け操業を開始して
金銀銅を産出し、明治の中頃には人口が
2000人を越えたと言われています。
その時の、鉱毒の影響で写真のように
今も植物の生育があまり思わしくありません。
「人間が 人間破壊 自然破壊?」by残念

この記事をはてなブックマークに追加

鉛山!

2016-12-08 13:04:58 | 風景
予想最高気温0℃、西南西の風3m、曇時々晴れ。
青空に誘われ湖畔を散歩しましたが、寒くてすぐに退散しました。
真ん中の小さな建物が十和田ホテルで外国人客誘致のため
国の要請で秋田県が昭和14年にオープンしました。
昭和36年の秋田国体の際は昭和天皇が泊まられました。
その上の山が「鉛山」で1665年に鉛鉱山が発見されました。
酸ヶ湯温泉が発見される20年前とのことです。
そして、1879年に鉱山長が作業員の食用に
コイ1万尾、フナ若干尾を湖に放流したと文献にあります。
和井内貞行がヒメマスを放流する22年前のことです。
今、十和田湖にコイやフナがいるのはこのおかげでしょうか?
「コイやフナ 泳いでいます 竜宮城?」by may be

この記事をはてなブックマークに追加

真冬日続く!

2016-12-07 13:04:27 | 風景
予想最高気温-2℃、西風4m、曇時々雪。
昨日から明日までは真冬日の予報で
金曜日は先週に続き大荒れの予報です。
今日は二十四節気の「大雪」ですが
それよりは大人しく雪が舞っています。
今朝の峠は、残念ながら南八甲田は
顔を出してくれませんでしたので過去写真です。
この写真も南八甲田は顔を出していますが
この空を見るといつ雪が降って来てもいいような雲です。
「降り積もる 雪は愛ほど 重くない?」by老婆心

この記事をはてなブックマークに追加

予報通り!

2016-12-02 12:28:30 | 風景
予想最高気温1℃、西風7m、吹雪。
朝は、風も積雪もそれほどでなく出勤しましたが
その後吹雪となり、風が昼から益々強まる予報です。
秋田市で26m、八戸市で30mを記録し
暴風警報や暴風雪警報が近辺に出ています。
勇気を出して外に出てカメラを向けても
中々迫力の吹雪が写ってくれません。
ということで、過去写真ですがこれも今一
迫力がありませんが、実力ということで?
「力不足 今更ですが 生きてきた?」by果報者

この記事をはてなブックマークに追加

大荒れ予報!

2016-12-01 12:35:12 | 風景
予想最高気温5℃、東の風1m、雨。
今夜から、明日に掛けて冬型で
大荒れの予報となっています。
風に雪が付けば、猛吹雪となります。
北国であれば仕方のないことで
事故にあわないよう外出を控えるとか
自粛とかの対策しかありません。
しかし、どうしても出かけなければならない時は
腹をくくって行くしかありません。
風雪でほっぺたを叩かれないと
目が覚めないこともあるようです。
「風雪の 次には甘い 景色来る?」by願望

この記事をはてなブックマークに追加

雪景色!

2016-11-30 13:51:51 | 風景
予想最高気温2℃、西南西の風2m、曇。
ヤマセで雪が降ったのか十和田湖より
焼山の方が積雪が多くなっています。
今朝、所長が言っていたのでビックリはしませんが
スキー場で滑れる位だといいのですが
15㎝程なのでそこまでは行かないようです。
雪が降ると、奥入瀬で一番好きな場所でパチリ。
何故かと考えると、道路に駐車出来ることと
川幅があり、石の配列が良いことでしょうか?
そして、カワガラスや稀にヤマセミなどが?
「野鳥の声 空耳ですか お迎えが?」by片足棺桶


この記事をはてなブックマークに追加

霧氷?

2016-11-26 12:32:18 | 風景
予想最高気温3℃、西風1m、曇。
内陸は、-5℃近くまで冷え込みました。
十和田湖も、樹海ラインまで行くと8年前の
この写真のような状況だったかもしれません。
出勤途中ですので、道草はチョットチョット?
今年、写真コンテストで上位に入った
某所のマスターが湖畔で撮影されていました。
青空と光と冷え込みがいい状態でしたので
奥入瀬から十和田湖まで出張したようです。
景色は順光で見た私と、逆光で見たマスターとは
全然違って見えるので面白いものです。
「逆光で オーラのあなた 惚れました?」by残念

この記事をはてなブックマークに追加

真冬日!

2016-11-23 12:15:12 | 風景
予想最高気温-2℃、西風5m、雪。
この冬初の、積雪10㎝を記録しました。
2週間前の水曜日(9日に)続き真冬日の予報となっています。
明日の朝は、関東でも雪の予報で、降れば50年ぶりとか?
今年は全国的に寒い冬となるのでしょうか?
今日は、冬場も解放の各トイレにスノーダンプや
スコップ、雪ハネなどを設置して来ました。
冬の前の諸作業により、心も体も十和田湖の厳しい
冬に立ち向かう準備が出来るような気がします。
今朝の半島や湖畔は、白い景色で綺麗です。
隣のレストランの台湾ご一行様は雪が大好きで
ビジターセンターの前で大喜びをしています。
「顔黒や 腹黒も消す 白い雪?」by雪女

この記事をはてなブックマークに追加

春山!

2016-11-19 12:30:34 | 風景
予想最高気温8℃、静穏、曇。
堅い雪となり、ツボ足で歩ける春の山はいいものです。
藪漕ぎもなく、目的地に向かって直進できます。
スキーだと、帰りは滑り降りるだけでもっと楽ですが。
この写真の時は、前日が大荒れで
こんなに素晴らしい樹氷が出来ていて
参加者もスタッフも大喜びでした。
右端が御鼻部山で左側が十和田三山
正面が十和田湖の東の湖です。
もっと晴れると、正面に岩手山や八幡平も見えます。
この景色での昼食は、本当に至福の時間でした。
まもなく来年の「自然ふれあい事業」のメニューが
決まります、そして郵送やネットへの掲載も行います。
「あの峠 越えればそこは 天国だ?」by片足棺桶

この記事をはてなブックマークに追加