かおさんのみみはねこのみみ

ふたのないたからばこ
〜コトバのむこうにあるもの〜

名人

2017-06-17 00:05:24 | 日記
優しさとか、思いやりとか、気づかいとか、
相手に対しての心配りをするとき、
それが目的ではないにせよ、
やはり相手に伝わって欲しいと思う。
伝わって欲しいと思っている時点で、
それは初級なのかもしれない。

心を砕く、という言葉がある。
とても痛そうな言葉だ。
痛みを共有してもらえたと感じると、
心は和らぐのだろうか。

カウンセラーは、
自分の心がこわれない訓練をする、
と聞いたことがある。
確かに、一緒にこわれていては、
職業として成り立たない。

優しいこころでありたいと思う。
そして、
強いこころでありたいと思う。
それは、
どこまでもどこまでも、
螺旋を描きながら、地中を掘り続けるものなのだろうか。

優しいこころで、
どこかにしっかりと立つ場所が、
名人ならば、見つけられるのだろうか。


0134
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 棋士 | トップ | 記事 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。