日々呟く。

とうとよ/清貧の独り言。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヨセに課題あり。 9/8対局記録。

2011年09月08日 19時39分43秒 | 囲碁
ちょっとあいたけど、対局記録。


互先 白番 6目半負け
棋譜。

厚みに近づかない 15
生きてる石の近くは小さい 15
広いところから打て 10
石音の反対に打て 15
取ろう取ろうは取られのもと 20
合計 75


黒の高い中国流に、白番三連星で挑みましたが、先に天元を抑えられて、荒らす展開に。
どうしても攻められる展開になるので、10手目で天元付近を先に制しておく方がよかったかもしれないですね。
その後分断した天元付近の黒石を攻めたのですが、42手目は右辺から行った方がよかったようです。そちらの方が広く、攻めの効果も大きかったと思います。
また、右下の黒石は72手目で3の1に滑っておけば取れていたようですね。

なにより、この碁で大きかったのはヨセのミスでした。
特に上辺の手抜きミスが大きく、そこで決定的に足りなくなったように思います。
他も、右辺で謎のゆるみなど、細かいミスが目立ちました。

ヨセまでしっかり神経を使って打たないといけません。


なんか、点数評価高すぎるのかなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いごめも

2011年09月04日 21時02分59秒 | 囲碁
練習として打ってみたい碁。

自分が白番で、相手が星、星の対辺下向きに小目、シマリと打った時。
星にかかって、挟まれた場合の対応。

ハサミ返し、カケ、33入りのちケシ。

逆に、自分が黒番の時に、逆にこちらがその碁形にしてみて、相手がどう対応してくるのかを見る。


どう打つのがいいのか。
どう打つのが打ちやすいのか。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

隣りの芝生より自分の芝生。 9/3対局記録。

2011年09月03日 19時04分44秒 | 囲碁
本日の一局。


互先 黒番 中押し負け
棋譜

厚みに近づかない 10
生きてる石の近くは小さい 5
広いところから打て 10
石音の反対に打て 15
取ろう取ろうは取られのもと 15
合計 55

コメント:
序盤、ワリウチから、相手に大きな箱型を築かれます。
この箱型のプレッシャーで、全局的に碁が無理気味になってしまったのかもしれません。
隣りの芝生は青く見えるのです。

序盤、13手目からの、右下の攻防。
隅におさまるのはちょっと早すぎましたね。
まずはひいて、辺に勢力を確保してから、隅を狙うべきでした。
おかげで下辺を薄くし、箱形のプレッシャーをさらに大きくしてしまった。

そして、59手目の消し。
ちょっと深すぎたようです。
もう少し浅くても良かった。
そして、むしろ消しに行くよりは、N17あたりから、上辺の白石を攻めに行った方がよかったようです。
右下の白との絡みも生まれ、右下隅を得た意味も大きくなったでしょう。

実戦は、消しに行った石を攻撃目標にされ、私もムキになって抵抗したため、取り返しがつかなくなってしまいました。
実は消しに行った石が持ち込みになっても、まだまだやれたみたいなんですけどね。

隣りの芝生は青く見える。
しかし、実は自分の芝生の方が立派だった。
そんなこと、よくあるんですよね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加