toute la musique...

フランスの音楽、映画、語学勉強やガーデニングなどの徒然語り

ツール・ド・フランス Le tour de France

2009-07-25 11:55:39 | 旅行 Voyage
ツール・ド・フランスが明日最終日です。

今年はモナコから出発し、南仏を巡り、途中はスペイン、スイスやイタリアにもちょこっと入り、最終的にはいつものシャンゼリゼでゴールです。

で、今まではあまり日本でも話題にならなかったのですが、今年は日本人が2名も参加し、2日目に5位に入ったりと、急に話題になっています。

フランスではとても自転車(乗るのもレース見るのも)人気が高いので、沿道にはいつもギャラリーがいっぱいいます。
のどかな田舎路では、目の前をレーサーが走り抜けていきます。
(結構事故もあるようです)

今年は過去7連覇したランス・アームストロング(ASTANA、アメリカ)の復活や日本人の新城選手(ブイグテレコム)、別府選手(スキル・シマノ)の完走、アルベルト・コンタドール(ASTANA、スペイン)の活躍が楽しみです。

もしかすると、パリ市のサイトでゴールの様子が後ほどVIDEOで見れるのかしら?
中継権の問題とかあるかもしれないので、よくわかりませんけど。

8月2日にNHK BS1にて総集編が見られます。
以下、NHKのサイトから引用。

2009 ツール・ド・フランス
8月2日(日) 午後3:10~5:00

世界最高峰の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」が、フランスだけでなく、世界中の自転車ファンたちを今年もまた熱狂の渦に巻き込む。
今年のコースは、地中海に臨む世界有数のリゾート地モナコをスタート、パリまでを駆け抜ける21ステージから成り、距離はおよそ3,500km。途中スペインのバルセロナや、イタリア、スイスにも通りながら、一路シャンゼリゼのゴールを目指す。
注目は、ツール7連覇の偉業を成し遂げた鉄人ランス・アームストロングの4年ぶりの復帰。それをディフェンディングチャンピオンで、今年は新チームに移籍したカルロス・サストレが迎え撃つ。また、去年まで2年連続総合2位の好成績をあげているカデル・エバンスも、虎視眈々と優勝を狙っている。選手同士の激しい戦い、さらに標高2000m以上の急峻な峠をいくつも越える過酷な山岳ステージを耐え抜いて、栄光の“マイヨ・ジョーヌ”を手にするのは誰か。番組では、前後半2つのパートに分けてこの熱い戦いの模様を伝える。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レ・ボー・ド・プロヴァンス... | トップ | エッフェル塔の花火 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。