稲村亭日乗

京都の渓流を中心にルアーでトラウトを釣り歩いています

大山 木谷沢渓流を訪ねて

2017年05月17日 | 
 大山(標高 1729メートル)の観光ツアーに参加。

 今回の期待は木谷沢渓流。
 なんでもサントリーの天然水のCMに使われた渓流らしい。

 さて、現地に到着すると確かにすばらしい。

    

 さほど広くはない流れながら、水量が豊富。
 しかも、あたりの岩はみんな苔に覆われている。

 まわりの木々の幹にも苔がいっぱい。

 このあたりがとても湿潤であることをうかがわせる。

     
      ( 川のほとりのサワグルミ )
  
 この渓流にはトラウトがいるらしい。

 ぼくもあちこちで目をこらしてみたが、確かめられなかった。

   

 ただ、少し上がると立派な堰堤。

   

 これにはがっかりした。

 もっとも、大山はガレ場の多い山。

 効果のほどはともかく、砂防措置がとられるのもやむなしか?と。

 鍵掛峠からは大山の雄大な姿。
 壁、あるいは屏風のように見える。

   

 そこからの道中ではブナ林が広がっていた。
 ここは西日本最大のブナ林だそうだ。

 こういうところでじっくりブナ林を見てみたいところ。
 が、そこはツアーの悲しさ、バスはビューンと過ぎ去ってしまった。

 ホテルに入って夕刻。
 部屋から夕陽に照らされた大山が見える。

   

 ここからの眺めは先ほどの大山の姿とはまったく別物。

 この姿こそ「伯耆富士(ほうきふじ)」と呼ばれるもの。

 大山の渓谷でイワナに出会いたいものだったが・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の後の上桂 源流部に押しや... | トップ | ヤマメたちの活性は上がり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。