稲村亭日乗

京都の渓流を中心にルアーでトラウトを釣り歩いています

気分を変えて天然トラウトの谷へ

2017年06月15日 | トラウト
 先日はアマゴ総持ち帰りの輩に遭遇し、憂鬱。
 今日は気分を変えて天然トラウトの谷へ。

 狭い渓流なので竿は170cmと短め。

 減水気味ながら、釣りはできそう。

     

 この谷は水温が低く、立ち上がりが遅い。
 でももう6月、いけるだろう。

 最初にきたのはイワナ君。

     

 水の落ち込むたまりにいた。

 釣り上がっていくと倒木。

 それ自体は珍しくないが、杉の子やらが芽を出しているのがおもしろい。

     
 
 『今日は稚魚がいない?』
 と思っていたら、やっとルアーサイズが1匹。

 シッポも胸ビレもピンとしている。

     

 放流されなくとも自力で世代交代を重ねているのがうれしい。

 後半には重みのある25cm。

 ここでは超大型かもしれない。

     

 ただ、例年に比べると魚影がうすい。

 ひょっとしてここでも総持ち帰りの輩たちが出没しているのだろうか?
 と不安。

 本日 水温 15℃
     イワナ  2匹(17~22cm)
     アマゴ 10匹(12~25cm)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロンドン高層住宅の大火 なぜ? | トップ | 再びロンドン高層住宅火災に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。