稲村亭日乗

京都の渓流を中心にルアーでトラウトを釣り歩いています

渓流の秋色は深く

2016年09月18日 | トラウト
 土曜日、今日は上流部へ。

          

 しかし、7月頃に釣れたところはウソのように静か。

 やっと現れた最初の1匹。

     

 小さな12cm。

 さらに釣り上がるが、状況は同じ。

 だんだん大岩のゴロゴロする源流部へ。

     

 ここでも変わらず。

 やはりもう秋色濃厚。

 気分を変えて、この川の左岸に流れ込む小さな沢へ。

 急な傾斜が続くなか、ここでの最初の1匹。

     

 このアマゴがひそんでいたのはこんなたまり。

     

 この日は連休の初日。
 車が混みそうなので、早めに脱渓。

 釣友 森さんから電話があり、落ち合う。

 森さんの話。
 小さいのがおらず、成魚ばかり。
 が、どれもこれも食いが浅く、あるいは反転。

 1匹だけ25cmのいいイワナが釣れた、とのこと。

     

 これは立派なイワナ!

 二人とも今日は早めに帰路についた。

 本日 水温 21℃
     アマゴ・ヤマメ 14匹(10~18cm)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笙の川 小モノが多くなり | トップ | 9月の長雨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。