俺の投資

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

重大な違反

2017-05-11 04:20:24 | 日記
覚えておこう、スウィーブサービスとは何か?通常の普通預金口座と証券取引のための口座の間で、株式等の購入代金や売却益が手続き不要で的に振替される画期的なサービス。同一の金融グループによる顧客囲い込み作戦です。
2007年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行によって実施されているサービスの多くは従前の郵便貯金法によって定められた「郵便貯金」ではない。民営化後適用された銀行法の規定に基づく「預貯金」に準ずる扱いの商品なのです。
覚えておこう、FXとは、簡単に言えば外国の通貨を売買することで利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引です。外貨預金または外貨MMFに比べても利回りが良く、また為替コストも安い利点がある。興味があれば証券会社やFX会社で購入しよう。
覚えておこう、FXとは、業者に補償金を預託し、外国の通貨を売買することで証拠金の何倍もの利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引である。FXは外貨預金や外貨MMFなどに比べても利回りが良いうえ、手数料等も安いというのがポイントである。興味があれば証券会社やFX会社からスタート。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や償還まで1年以内の短期金融資産で運用する投資信託というものである。もし取得からまもなく(30日未満)で解約する場合、残念ながら手数料にペナルティが課せられるというルール。
平成10年6月に、大蔵省銀行局や証券局等金融部局の所掌していた事務のうち、民間金融機関等(民間資本によって運営される銀行等)の検査・監督に関するものを分離することで、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく外局(府省のもとに置かれ、特殊な事務、独立性の強い事務を行うための機関)として金融監督庁という特殊な組織をつくったということ。
そのとおり「重大な違反」なのかそうでないのかは、監督官庁である金融庁が判定することであり、たいていのケースでは、軽微な違反がたくさんあり、それによる影響で、「重大な違反」判断するわけです。
昭和14年制定、平成7年改正の保険業法の定めに基づいて、保険会社と呼ばれるものは生命保険会社あるいは損害保険会社に分かれて、どちらも内閣総理大臣から免許を受けている会社以外は設立してはいけないという規則。
保険とは、予測不可能な事故が原因で生じた主に金銭的な損失を最小限にするために、立場が同じ複数の者が定められた保険料を出し合い、集めた資金によって突如発生する事故が発生した際に掛け金に応じた保険金を給付する制度なのだ。
Y2Kともいわれた平成12年7月、大蔵省(現在の財務省)より金融制度の企画立案に関する事務を移管させて約2年前に発足した金融監督庁を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)として組織を変更。21世紀となった2001年1月、管理していた金融再生委員会が廃止され、内閣府直属の外局の「新」金融庁となった。
一般的に外貨MMFとは、現在、国内で売買してもよい外貨商品。同じ外貨でも預金と比べると利回りがよく、為替の変動によって発生する利益が非課税であるというメリットがある。興味があれば証券会社で購入しよう。
平成19年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行から提供される貯金などのサービスは郵便貯金に関して規程している郵便貯金法に基づく「郵便貯金」の定義による取り扱いではなく、銀行に関して規定する法律である銀行法(1981年年6月1日法律第59号)での「預貯金」を適用した商品です。
FX(エフエックス):これは外国の通貨を売買することで補償金の何倍もの利益を出す取引のこと。外貨預金や外貨MMFなどと比較して利回りが良く、また手数料等も安いというメリットがある。身近な証券会社やFX会社で購入しよう。
最近増えてきた、デリバティブっていうのはこれまでの伝統的な金融取引だったり実物商品・債権取引の相場変動によって発生したリスクから逃れるために販売された金融商品全体をいい、とくに金融派生商品とも呼ばれることがある。
よく聞くコトバ、保険とは、突然起きる事故によって生じた主に金銭的な損失に備えるために、よく似た状態の多数の者がわずかずつ保険料を掛け金として納め、準備した資金によって想定外に発生する事故が発生した者に保険料に応じた保険給付を行う仕組みなのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。