投資と株のこととか

投資と株のこととか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日の投資の勉強まとめ(整理これから)

2017-03-15 13:57:30 | 日記
平成10年12月のことである、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として国務大臣をその委員長にするとされている機関である金融再生委員会が設置され、金融監督庁(金融庁)は平成13年1月に金融再生委員会が廃止されるまで、その管理下に約2年7か月あったことになる。
バンク(bank)はもともとイタリア語のbancoに由来している。ヨーロッパ最古である銀行とは600年以上も昔、当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァで誕生したサン・ジョルジョ銀行とされている。
よく聞くコトバ、ペイオフって何?予期せぬ金融機関の経営破綻が原因の破産によって、金融危機に対応するための法律、預金保険法により保護可能な預金者(法人等も含む)の預金債権(預金保険法の用語)につき、預金保険機構が法に基づく給付として預金者に直接支払を行う事を指します。
実は日本の金融・資本市場の競争力等を強化する為に進められた規制緩和だけではなく、金融に関する制度の更なる質的向上が目的とされた取組や試みを積極的に実行する等、市場と規制環境に関する整備が常に進められているのです。
簡単、外貨MMFというのは国内において売買可能である外貨商品である。外貨建ての商品でも外貨預金と比較して利回りが高いうえ、為替の変動によって発生した利益が非課税なんていうメリットがある。証券会社で購入できる。
いわゆる「金融仲介機能」、「信用創造機能」そして3つめの「決済機能」の3つの重要な機能のことを銀行の3大機能と呼び、基本業務である「預金」「融資(貸付)」「為替」あわせてその銀行の信用によってこそ実現されているのだ。
そのとおり「金融仲介機能」「信用創造機能」さらに「決済機能」の3つの重要な機能を銀行の3大機能と言われる。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」の基本業務さらには銀行自身が持つ信用力によってはじめて機能しているものであると考えられる。
いわゆる金融機関の格付け(ランク付け)の解説。信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関、社債などを発行する会社などに関する、支払能力などの信用力を一定の基準に基づいて公平・中立的に評価するものである。
覚えておこう、バブル経済(世界各国で発生している)というのは時価資産(例えば不動産や株式など)が市場で取引される金額が過剰な投機により本当の経済の成長を超過してもさらに高騰し続け、最後は投機による下支えができなくなるまでの状態を指す。
これからもわが国内でもほとんどの銀行は、広く国際的な規制等が強化されることも視野に入れて、経営の強化、そして合併・統合等を含む組織再編成などに活発な取り組みが始まっています。
【解説】FX:最近利用者が多い、外国の通貨を売買することで証拠金の何倍もの利益を出す取引なのである。外貨取引の中でも外貨預金や外貨MMFより利回りが良く、さらには為替コストも安い利点がある。はじめたいときは証券会社やFX会社を選ぶことからスタートしよう。
麻生内閣が発足した2008年9月、米国の格付けAAAの投資銀行であるリーマン・ブラザーズが信じられないことに破綻したというニュースに世界が驚いた。このショッキングな出来事がその後の世界的な金融危機の原因になったので「リーマン・ショック」と名づけたのが由来。
つまり、第二種金融商品取引業者(一種業者とは業として行う内容が異なる)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を発売し、適正に運営していくためには、シャレにならないほど量の「やるべきこと」、業者として「やってはいけないこと」が法律等により決められていることを知っておきたい。
Y2Kともいわれた2000年7月、大蔵省(当時)から金融制度の企画立案に係る事務を移管したうえでこれまであった金融監督庁を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)として再編。翌年の2001年1月、管理していた金融再生委員会が廃止され、内閣府直属の外局となったのである。
多くの保険会社が加入する日本損害保険協会は、主として日本の損害保険各社および業界の健全で良好な発展と信用性のさらなる前進を図り、そして安心であり安全な世界を実現させることに役立つことを協会の目的としているのです。
ドラゴンストラテジーfx
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 物価が上がれば上がるほど »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。