心とほんとの会話屋さん

自身のうつ病経験を振り返り、悩み解決をサポートしてくれる本を紹介します。また、成長の気づきになる情報・言葉を発信します!

相手の立場に立った意見をいただけることに感謝

2017-12-16 05:01:01 | 昨日の感謝ごと
昨日、仕事の進め方について、上司を含め意見交換しました。

その意見交換の場で、上司は自分たちの視線に立って助言するのでなく、相手の立場に立ったコメントをしてくれました。

投げかけるメッセージが、相手にはどういう風に聞こえるのか。

そのメッセージを受け取ったら、相手はどういう感情になるのか。

その感情になったら、どんなメッセージが返ってくるのか。


同僚たちに、同じことを言い続けている(はずなのに)、なぜか今回は、自分が言いたいことを言っていることに気づかれました。

ベースに、相手をやっつけてやる!という攻撃姿勢があったのは否めませんでした。

過去の経緯など、いろいろあるにしても、攻撃姿勢には愛がなく、愛がない言葉は、誰の心にも響かず、事態は悪化するだけですから。。。


厳しい内容の気づきを、優しい表現で伝えてくれた上司に感謝感謝です。

ぜひ、真似して取り込みたいと思います!

有難う御座います。


【しあわせです、感謝!】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感動の条件を再読した、直感に感謝

2017-12-15 07:43:41 | 昨日の感謝ごと
昨日、出勤前に本棚を眺めたところ、永松茂久さんの”感動の条件”という本から『読んだ方がいいよ』という不思議なメッセージを感じました。

正直、何が書かれている本だか、記憶がなくなっていた本です。

通常、記憶がなくなった本は、図書館に寄贈するなどの方法で私の本棚からはなくなるのですが、なぜか残っていたのです。


読み進めると、著者が斎藤ひとりさんからの教えてに従って飲食店を繁盛させ、人を感動させることを継続した結果、ウェディング事業など、どんどんやることが増えていっていることが書かれていました。

過去に読破した本なので、読み進めると思い出す内容ばかりです。


人類の先輩から受け継いだ知恵・真理を後輩につなげる。その方法の一つとして出版されていたのです。

彼らの生き方のベースは、利他(フォー・ユー)の心。

この心構えで生きることの大切さに触れることができたことに感謝です。

直感からのメッセージ、恐るべしです!

メッセージをくれた自分の核と、それに従って行動した自分に感謝感謝です。

有難う御座います。


【しあわせです、感謝!】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心理学に興味を持ってくれる人と出逢えることに感謝

2017-12-14 07:48:53 | 昨日の感謝ごと
昨晩受講したセミナー会場で、長女と同い年の女性とお話しすることができました。

19歳で自己啓発系セミナーに通っていることもあり、自分の人生に正面から向き合っていると痛感しました。

ただ、会話の節々に何らかの悩みを感じたので、心理学系の話を振ってみたところ、非常に興味を示してくれました。


幸い、前回カウンセリングした女性と知り合いらしいので、その女性に私のカウンセリングや心理学レクチャーの感想を聴いてもらうことにしました。

確認結果次第ですが、もう一人クライアントが増えそうな感じがしてきました。

小さな一歩ですが、徐々にクライアントになりそうな方々に声をかけていき、何らかの実績を積み重ねていくようにします。


心理学に興味を持ってくれて、有難う御座います。

【しあわせです、感謝!】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勉強を教えられることに感謝

2017-12-13 07:42:00 | 昨日の感謝ごと
昨晩、高校2年の次女から、地学を教えて欲しいと言われました。

地学って、何をやっているのかも分からない状態のまま、一緒に問題を見てみると、気圧に関することが書かれていました。

正直、学生時代に習った記憶が薄い内容でしたが、ペットボトルの炭酸飲料を開けた際にブワっと空気が出ることや、台風の中心気圧の話、等高線を使って山を表示することなど、具体例を提示して教えることができました。


もしかすると、一つ一つの事象を暗記するのでなく、すべての物事の根幹にある本質に向き合うことができつつあるのではないかと感じております。

次女が勉強を教えて欲しいと言ってくれたことに感謝するとともに、地学という科目を聞いて逃げ出さなかった自分自身をほめてあげたいと感じた一夜でした。

有難う御座います。


【しあわせです、感謝!】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賞与を分け合えることに感謝

2017-12-12 08:03:18 | 昨日の感謝ごと
先日、いただいた賞与を支出予定があるもの別に封筒に入れました。

幸いなことに、ある程度、残金があったので、主婦業をしてくれている妻にミニ賞与として渡してみました。

私が想像していた以上に妻は喜んでくれました。


これまでだったら、家族全体の貯金として、銀行に貯めておいたのですが、支出予定以上の貯金をすることには意味がないことに気づき、お金が喜んでくれるところに流すことを意識し始めました。

今回は、想像以上にお金が喜んでもらえたので、きっと、この後の流れもうまくいくことでしょう!

お金の気持ちになって流れを作ることができたことと、その流れを素直に喜んでくれたことに感謝です。

有難う御座います。


【しあわせです、感謝!】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加