心とほんとの会話屋さん

自身のうつ病経験を振り返り、悩み解決をサポートしてくれる本を紹介します。また、成長の気づきになる情報・言葉を発信します!

相手の要求レベルを超えるための工夫(相手の言葉を使う)

2017-07-16 17:43:46 | 高嶋さんへのメール
高嶋さん

 相手の要求レベルを超えることをテーマに考えていたのですが、大事なことを忘れていました。
 それは、会話やメールなど、相手とコミュニケーションをする際に、相手が使った言葉を使うことです。
 相手と自分との会話において、何が正しいかということよりも優先されるのは、相手が受け取りやすい状態を作ることです。

 相手が使った言葉に対して
  『言い換えると、、、』
  『要するに、、、』
 と対応してしまう人が、意外なほどに多いです。

 ただ、冷静になってもらいたいのですが、自分が発言した言葉を受け取ってもらえず、言い換えられたり要約されることで嬉しい感情は芽生えませんよね。
 自分がされて嬉しくないのにも関わらず、自分に自信がない人は、相手の言葉を言い換えり、要約してしまうのです。残念ですが、、、

 まずは、相手が使った言葉を使うことを意識して会話してみてくださいませ。
 想像以上に相手が距離を縮めてくれることを体感出来ることでしょう!

 もし余裕があったら、周囲を観察し、言い換えや要約をする人が、どういう対応をされているかを見極めてみてください。
 きっと、自分自身がされたくない対応をされていることにも気づけるはずですので!

 本日はこれにて失礼します。

まっつん
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相手の要求レベルを超えるた... | トップ | 相手の要求レベルを超えるた... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。