心とほんとの会話屋さん

自身のうつ病経験を振り返り、悩み解決をサポートしてくれる本を紹介します。また、成長の気づきになる情報・言葉を発信します!

誰の協力が必要ですか?

2017-05-10 19:47:05 | 本のネタ
 昨日のブログで、自分のアウトプット(提供価値)をご紹介しました。
 アウトプットする際、きとんと向き合う必要があるのは
  『どういう方法で』
 ということです。

 自分が提供したい人物像が明らかになったとしても、その人物とどのように接点を持つのか。その人物像に合致する人の規模は、1人なのか、10人なのか、100人なのか、1,000人なのか、10,000人なのか・・・。
 対象の規模を大きく考えている場合、自分一人で対応できないことが多くなってきます。その際、どういう役割の人に助けてもらう必要があるのかを棚卸しして、その役割を担ってくれる協力者を見つける必要があります。
 私自身、協力者を探すことや、協力を依頼することから目を背けていたため、まったく活動が進まない状況が続いていました。

 自分がやりたいことを実現していく方々と接触する機会を多くするにつれ分かったことは、やりたいことは自分一人でできないので、協力して欲しいことは『頼め!』ということ。
 頼んだことをやってくれるかどうかは、普段、その相手にどのように接しているか次第なので、頼んだときにやってもらえるような関係を構築することの大切さに気づくことでしょう!

 自分が頼んだときに快く協力してくれる仲間がどれだけいるのか、一度、自分の交友関係を棚卸ししてみてはいかがでしょう?!


 本日も最後まで読んで下さり、ありがとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 投資貧乏にならないために気... | トップ | 協力してもらいたい人に何を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本のネタ」カテゴリの最新記事