心とほんとの会話屋さん

自身のうつ病経験を振り返り、悩み解決をサポートしてくれる本を紹介します。また、成長の気づきになる情報・言葉を発信します!

早起きは三文の徳

2016-12-06 21:41:31 | 言霊
 昔から言われていた、早起きは三文の徳。

 『どういう徳があるの?』と問い詰める人は、どんな説明をされても実行に移すことはないでしょう。

 どんな説明をされても

  『それはあなただから特別!』

 と難癖をつけて、実行しないからです。


 理屈で理解できないことでも、昔から言い伝えられたことには意味があると信じて行動してみることが大事なんでしょうね。

 私は、妻の協力もあり、現在は、4時50分起きの生活が定着して、数年が経過しました。

 早起きをすることで、会社の始業前に2時間以上の時間を確保でき、仕事以外の自己研鑽を継続することができています。

 自己研鑽の結果、コミュニケーション力が高まり、仕事上の交渉や調整が円滑にいくようになり、効率的に仕事をこなすことができています。

 終業後に時間が持てることで、各種勉強会や映画鑑賞など、さらなる自己研鑽の時間が確保できているのも、早起きのおかげだと感じております。


 あれこれ理由を考える前に、早起きは三文の徳!を信じて、早起きしてみてはいかがでしょうか?

 本日も最後まで読んで下さり、有難うございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日死ぬとしたら、今やることはやるのかしら?!

2016-12-05 21:05:37 | 言霊
 もし、明日死ぬとしたら、今からやることをやりますか?と問われたとき、即答で

  『やります』

 と言い切れるだろうか?!


 私自身は、残念ながら、完全に即答できるような生き方ができていません。

 が、常に、この質問を投げかけられたときに、どういう回答をできるかを考えるようにしています。

 即答できる方々が、どんな表情をして、どんな生き方をしているのかを知り始めただけに譲ってはいけない部分が見え始めてきました。。。


 本日も最後まで読んで下さり、有難うございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間だけが持っているもの

2016-12-04 20:29:30 | 言霊
 他の動物と違って、人間だけが持っているもの。

 それは、言葉と笑顔。

 せっかく人間特有の能力を与えてもらったのに、現代の日本では、その能力を活かしきれていないように感じます。

 適切な言葉を使って、自分の気持ちを伝えることが出来ていません。

 そして、必要な人に、必要なタイミングで笑顔を提供出来ていないことが多いです。


 たった一度の人生なので、人間特有の能力をふんだんに活かして生き抜きたいと思いませんか?!

 本日も最後まで読んで下さり、有難うございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日、目覚めることは当たり前ではない

2016-12-02 22:22:09 | 言霊
 私が勤務する会社では、社員とその家族に関する訃報が社内の情報掲示板に掲載されます。

 まったく知らない社員に関する訃報でも、亡くなった方の年齢を確認すると、自分の親より年下であることが多くなってきました。

 ということは、自分の親に、もしものことがあってもおかしくないのかも知れないと感じるようになってきました。

 親に対して言っておきたいこと、やっておきたいことがあれば、残された時間・機会が少ないことを意識して行動しないといけませんね。


 今朝、キレイな青空を見たときに、これと同じ青空を、明日以降も見れるという保証はないんだと感じることができたことに自分の成長を感じた一日でした。

 本日も最後まで読んで下さり、有難うございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怒りの影には、期待がある

2016-12-01 21:13:55 | 言霊
 先日、会社の同僚と待ち合わせをしました。

 その同僚は、待ち合わせ時間に遅れること5分で待ち合わせ場所に登場し、開口一番

  『いやぁ~、エレベータが混んでて乗れませんでした』

 と謝罪の言葉もなく、自己弁明の発言があったのです。

 しかし、この発言を聞いても怒りの感情は湧いてきませんでした。


 別の日に他の同僚と待ち合わせをした際、その同僚も遅刻して登場しました。

 その同僚は、開口一番

  『すみません、忘れ物を取りに戻ったので、、、』

 と謝罪の一言はありました。

 が、この同僚に対しては怒りの感情が芽生えたのです。


 この二つの遅刻劇を巡って気付いたのは、時間通りに来てくれることを期待していない相手には怒りの感情が芽生えないのだと!

 期待している人が期待を裏切ったから、期待を裏切った相手が悪い!と考え、怒りの感情が芽生えるのですね。

 そう考えると、マザーテレサが言った

  『愛情の反対は憎しみでなく、無関心』

 という言葉に行き着きますね。

 遅刻されても怒りの感情が芽生えない相手というのは、ちと寂しいですが、、、


 本日も最後まで読んで下さり、有難うございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加