猫のお散歩

アトリエ陶猫のブログです。時々ふらふらとお散歩します。

茶碗の中の宇宙 展に行って来ました

2017-05-15 | 美術館・博物館
上野の東京国立博物館を出た後、竹橋の東京国立近代美術館へ向かいました。
「茶碗の中の宇宙 楽家一子相伝の芸術」展が開催中です。
ギリギリなんとか間に合いました。




会場に入ると、まず照明の暗さに、直前まで外を歩いて来た目が追いつかず、



「お...お茶碗の色が見えない...」



という状態に陥りましたが、少し時間が経つと目が慣れてきました。

以前行った佐川美術館の照明も相当暗かった記憶があります。
茶室の暗さを踏まえて茶碗を演出する為のものなのかな?



その暗い照明とは対照的に
吉左衛門さんがフランスで制作した作品が展示されているエリアはとても眩しかったです。
違う世界で生まれた作品の違いが体感的にも分かりやすく表現されていたと思います。

楽家に特化した展示で、初代長次郎から次期16代まで順を追って分かりやすく展示されていました。
楽美術館での展示とはまた少し違った雰囲気も興味深かったです。


今回の画像は出口にありました撮影スポットです。
初代長次郎の黒楽茶碗 銘 万代屋黒の複製(アルミ合金のメッキ加工)が展示されていました。
質感が全然違うのが面白かったです。
常設展も見てから、今度はすぐ近くの近代美術館工芸館へ移動です。なんだか忙しいぞ。
つづく。


東京国立近代美術館
「茶碗の中の宇宙 楽家一子相伝の芸術」展は5月21日(日)まで
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茶の湯 展に行って来ました | トップ | 動物集合 展に行って来ました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。