猫のお散歩

アトリエ陶猫のブログです。時々ふらふらとお散歩します。

茶の湯 展に行って来ました

2017-05-14 | 美術館・博物館
東京国立博物館で開催中の「茶の湯」展に行って来ました。
開催期間はまだ余裕があると思っていましたら、意外にも余裕がない感じになってきていました。
アブナイ、アブナイ、見逃すところでした。

連休明けのせいか入館の為の行列もなく、すんなり入る事が出来ました。
いつもこうあって欲しいものです☆
入館後も人は多いのですが耐えられる程の混雑でした。


国宝の有名な茶碗も多く、流石に見応えのある展示でした。
稲葉天目、喜左衛門井戸、志野茶碗 卯花墻など超豪華メンバーです。
長次郎の無一物、ムキ栗、俊寛などもありました。
楽美術館や、三井記念美術館他で何度か見た記憶があります。

かの有名な曜変天目は展示期間が終了していたので残念ながら拝見出来ず。
そのせいで、空いていたのかな...(^^:)
以前、他の展覧会で見たことがあるので、
今回は残念でしたが、また何処かの展覧会で会える日を楽しみに取っておくことにします♪

古い時代の名品は大発見が無い限り基本的に増えることは無いので、
案外再会する機会があるのです。


様々な名品を拝見しましたが、
中でも、利休の最期の書状を見る事が出来て感慨深かったです。
秀吉の逆鱗に触れ、京を追放される利休を淀の船着場で見送ったのは、
古田織部と細川三斎であったと記されている手紙です。
(達筆過ぎて私には解読出来ません....)
利休がどんな思いを抱いてこの手紙を書いたのか
私にはわかりませんが、切ない思いがしました。



国立博物館を出た後は「茶碗の中の宇宙」展を見に近代美術館へ移動します。
茶の湯三昧デー、つづく。



東京国立博物館

茶の湯展
4月11日〜6月4日(日)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渋川市美術館・桑原巨守彫刻... | トップ | 茶碗の中の宇宙 展に行って... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。