トーマが語りますよ。

自分の好みからして「食」に関するものが多いのではないかと…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

グランヴァンという名前

2011-08-17 19:03:41 | 日記
学生時代にワインと出会い、
ワインの美味しさや奥深さの虜になり、
現在も週に2回はワインを楽しんでいます。

つい最近知ったワインのことで、「へ~」と思ったことがあるので、
ここに書かせていただきたいと思います。

グランヴァンという名前を聞いたことがあるでしょうか?
グランヴァンというのは一つのワインの名前というわけではなく、
フランス語で「偉大なワイン」という意味で使われています。

グランヴァンはフランス語で「grandvin」と書きます。
詳しく訳すとフランス語で「偉大な」は「grand」、
ワインを「vin」と訳し、二つ合わせて「grandvin」となるわけです。

私は最近まで、グランヴァンという名前の付くワインは、
何やら細かい規制などをクリアしたものだと思っていたのですが、
実はグランヴァンという名前自体が品質を保証するものではなく、
合法的な定義もない
そうです。
味もピンきりで、きちんとしたグランヴァンを飲むのは
意外と大変なようです。

厳しい審査基準をクリアしたことから、
お値段も結構するとのこと。
安いグランヴァンでも数万円もしますし、
ビンテージが付くものに至っては
数十万円という値段が付くものも中にはあるらしいです。

私が今まで買ったワインの中で、
最も高かったのが7~8000円くらいなので、
1本数十万円という値段は、
考えられないですね。

グランヴァン偉大なワインという知識しか持っていなかった場合、
その名前がついてるだけで凄く美味しいものだと
思ってしまいそうですよね。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 「偉大なワイン」と呼ばれる... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。