東京湾の漁師 東京湾海人の日記

青混ぜ海苔の達人のブログです。

カキガラ

2017年05月13日 21時03分04秒 | Weblog



これは 海苔の種

夏場の海苔は きのこと同じように 菌糸の状態で 生きています。

これを 糸状体カキガラといって 貝の真珠層と石灰層の間にもぐりこんで秋を待ちます。

夏になると この糸状体は 胞子をつくり その年の 海苔養殖の元となります。

写真は ずいぶん 珪藻などで 汚れた カキガラですね。
これを たわしで 綺麗に落とし 海水を取り替えて 栄養を与えたりして

管理しています。
今日は 雨でしたので この仕事をしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 育てるのが仕事のよう | トップ | 続 カキガラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。