一歩一会・・・♪

日々のお仕事の事や、趣味、旅行関係についての自分記録♪

だんだんはまる!!

2017年10月17日 | こんな本読んでみました♪
「風雲児たち」がますます面白くなってきた!!
大黒屋 光太夫さんが無事(?)日本に帰ってきて
さあ、次の巻読もうと目次を開いたら・・・・
高田屋嘉兵衛さんの名前が~~~!!

・・・・・・・・忙しい♪♪♪

・・・・・・・・読むのに♪♪♪・・・しばらくこちらお休みで♪
ロシア歴史も面白そうだなあ・・・行ってみたい!!

この記事をはてなブックマークに追加

大人買いすればよかった~~っ!!漫画「風雲児たち」は最高の漫画ですっ!!

2017年09月22日 | こんな本読んでみました♪
来年早々、NHKで三谷幸喜脚本にて「風雲児たち」というドラマが
放送されるらしい。

昨年「真田丸」でとても興奮させていただいたので
放送が今から待ち遠しい♪
・・・で、三谷先生が脚本の元にされた漫画とやらを
取り寄せて読んでみることに。
かなり長い漫画で20巻以上ある。
・・・なのでとりあえず1巻だけ!
(大人買いして失敗したらやだからね・・)

ポストに届いた「それ」を開いて読み始めてみる。

・・・げっ!!
ギャグマンガかよ~~~~~~っ!!

ギャグマンガなんか、これまでの人生で買ったのって・・・・・
「ドラえもん」と「ドクタースランプあられちゃん」ぐらいだよっ!!


・・・よかった・・・。
大人買いしなくて・・。1巻だけなら被害は最小限だもんね♪

・・・と読み始めて、
びっくり仰天!!

え?!なになに?!
幕末ものとお聞きしてましたが・・・
「関ケ原」からお話が始まってるよ~~!!

↑・・・アマゾンで申し込もうと選んだ本の1巻の表紙がこれよ!!
 あ~~まじめな漫画なのね・・と思って買ったら・・・

↑・・・これが家康さまだも~~ん!!愕然としたけど
 どっこい!!かなり深いギャグ漫画!!



このギャグ漫画の中の関ケ原が、どう幕末に繋がっていくかは
(磯田道史先生のご著書などにて)
仕入れていた知識でなんとなーくわかるのだが
さらに深くどのように繋がっていくか、
ギャグ仕立てでめっちゃ丁寧に書いてあるし~~~っ!!

ぎゃ~~~!!興奮っ!!
磯田先生のご著書を読んだ時に感じたあの感動が
このギャグ漫画で再びですっ!!

ギャグマンガなのに、かなりしっかりしたストーリー!!
歴史素人が知りたいことが丁寧に描かれてて感動!!
しかも、結構深いところまで書かれてるし、
何より、作者の歴史の「見方」が面白い!!

・・・な・なんじゃこりゃ~~~~!!
・・・と目がテン!!・・・になる漫画でした!!

大人買い
すればよかった~~~~っ!!

ちまちま一冊づつ頼むの(アマゾンにて)
めんどくせえぇ~~~~~っ!!

いや~~~♪
しかし、この年齢になって・・・・・

ギャグ漫画に
こんなに感動できるなんて・・・・・♪♪♪

人生、まだまだなにが起こるかわからんもんです!!
まだまだ残ってるので、買ってこの先を読むのが楽しみじゃ!!

みなもと先生♪凄いです~~~♪



この記事をはてなブックマークに追加

静かに心して歩く場所がある。

2017年03月09日 | こんな本読んでみました♪
『静かに歩いてつかあさい」』 水野潤一

今は、新しげな建物のえっと見える

この川辺りの町全体が

昔は

大けい一つの墓場でしたけえ

今は車のえっと走っとる

この道の下で

うじ虫の湧いて死んで行った

母を焼いた思い出につき刺されて

息子がひていじゅう

つくなんで おりますけぇ


ほいじゃけえ


今、広島を歩く人々よ

どうぞ いついきしづかァに

こころして歩いて つかァさい

それにまだ病院にゃあ

えっと火傷を負うた人も

寝とってじゃし


今も急にどこかで

指のいがんだ ふうのわりい人や

黒髪で いなげな頬のひきつりを

かくしとった人が

死んで行きよるかもしれんのじゃけえ


ほいじゃけえ


広島を訪れる人々よ

この町を歩くときにァ

どうぞ いついきしづかァに

こころして

歩いて行ってつかァさいや……


のう……







この記事をはてなブックマークに追加

『日本人の叡智』

2017年01月26日 | こんな本読んでみました♪
磯田道史先生のご著書『日本人の叡智』読了。

↑・・・帯通りの本である。

「その人誰?!」って人が多いので、とりあえず読んでも
読んだそばから忘れてしまう悲しい脳みそ・・・。

ただ一人・・・内田百閒なるお方の
知らないという事と、忘れたという事は違う。
忘れるには学問をしなければならない。忘れた後に
本当の学問の効果が残る。

・・・というお言葉に感動。
・・・というか慰められた・・・(笑)
・・・というか、ほんまか?!・・・と思い、
・・・というか、読んだだけで学問とはいわないか~~と笑い
そして、悲しくなった(泣)

でもいいの!!とりあえず、磯田本読んでみたいから(♪)


先日の『情熱大陸』磯田先生の回・・・・・
・・・・短すぎるわっ!!
夢中で見てたから・・・番組終了に唖然でございました!(笑)

しかしあれだわ~~♪
誰かもいってたけど(番組で言ってたんだっけ?!)
平面の文章が、先生の手にかかると
立体になるよなあ~♪

『ガラスの仮面』の北島マヤの素晴らしい演技力に
何もない舞台上に、感嘆する観客のセリフ・・・・

「みえるっ!!みえるわっ!
あの子の演技する向こうに、景色が見えるっ!!」

・・・ってのが
どういう感じか分かったのが、藤原竜也くん主演の舞台
『弱法師』・・・・・だったが・・・・

磯田先生が
「この道が明智光秀が織田信長を討つために通った道ですよ~」
・・・って説明してるだけで
「みえるっ!!みえるわっ!
この人の説明する向こうに、景色が見えるっ!!」
・・・って気分になれるのは
『英雄たちの選択』で先生のナイスコメントに散々感動してきてる
からだろうけど・・・(笑)

でもでも、忍者が介護で職、辞職・・・とか
も~~♪
その時代でも「そんなことがあったんかっ!」と目がテンになる話である!!
身近に感じると、平面のただの文章が立体に感じるよねえ~~♪
北条氏のみかんの話なんかまさにそうだもんね!!
面白い番組でした!!
小栗君の時みたいに全編・後編にしてくれてもよかったのに~~!!



この記事をはてなブックマークに追加

宣伝の推薦文に激しくトキめく♪

2017年01月16日 | こんな本読んでみました♪
カテゴリーは『こんな本読んでみました♪』ですが
読んでません!(笑)

アマゾンさんから届いて、ぴらぴらめくってみたが
全く理解できそうにない内容・・・・・・・

ノ~~~~~~~~~~ッ!!

内容が難しそうなうえに、老眼にはつらいサイズの字・・・
しかもかなりぎゅーぎゅーだよ・・・(泣)
買わなきゃよかったかと反省したが、磯田先生の書かれた本だ・・・・
少しずつでも読む!(・・・と決めた!)
しかし、読み終わるまでに50年ぐらいかかるのでは・・・
しかも読んだそばから、すべて忘れていきそうな・・・!

どうしようかな~~・・・と再びぴらぴらめくって
『文春学藝ライブラリー』なる本に関する
コマーシャル的チラシが本の間から出てきた!

見てみて・・・・トキめいた♪

磯田先生の隣に内田先生だ~~~♪きゃ~~~!!

↑・・・こんなぴらぴらもので、こんなにトキめいたのは初めてかも~~!!

・・・てな訳で、この本を・・・買って・・とりあえず
よかった!!(笑)


今年は、指のウィルス性のいぼを治す為に皮膚科に通っているが
顔の吹き出物がめちゃ酷くなり、再び皮膚科へ(泣)
「顔ダニじゃないでしょうか?」と訴えたのだが
一目見て、先生・・・・
「違いますよ~~~!アクネ菌のせいです!!」

そうなの~~~~?!
まあ、よかったといえばよかったが・・・・・
本当に治るのかなあ?!

来月の磯田先生の後援会の抽選申し込みしたので
「当たったら会いにいかなあかんから、絶対治すっ!」
の私に、家族は白い目。
当たれば嬉しいが、狭い枠・・・・・
無理かな~~~と思ってたら・・・・・・
来週の情熱大陸は『磯田先生』だよ~~~♪
嬉しい~~~~~~~♪


この記事をはてなブックマークに追加

『困難な結婚』内田樹先生トーク&サイン会♪

2016年09月13日 | こんな本読んでみました♪
9月12日(月)グランフロント大阪北館ナレッジキャピタルという所で
ご著書『困難な結婚』の内田樹先生トーク&サイン会に行ってきました!


まずは、南館の『紀伊国屋書店』にて予約していたチケット発券していただく。
知らなかったが、1000円なんだと!安い~~!!
生!!内田先生が拝めて、お話が聞けて1000円。
なんちゅー太っ腹紀伊国屋書店(その上、店員さんの対応最高でした!まじ感動!)

一緒にエレベーターに乗理り合わせたどこぞの方が
プレゼントだけ渡しに来ただけ・・・とかで
もうチケットはなかったと話されていたけど
・・・席はまだあったから・・・あれから参加できはったかな?!


『困難な結婚』はそれはそれは読みやすい本でございました。
(いつもの内田先生の本の中では・・・)
内田先生、聞き手の青山ゆみこさんともお知り合いのようで
終始、和やかなムード・・・
しかも、90分の時間の間、かなり笑わせていただいた
楽しいトークタイムでございました♪

前半のお話は、内田先生の結婚・離婚・子育て・・・その後について。
その後・・・のところが(ここでは書けないが)めっちゃ面白かった!!

そして終盤は、ご著書に踏み込まれた話題になりました。
一番心に残ったのが
バツイチ男性は『裏面交流』しない!・・・ってお話。

『裏面交流』・・・・初めて聞く単語!
例えとして、人の足を踏んで「痛い!」とどこまで言わないかで
愛を計る・・・ような行為らしい・・。
分かる・・・なんとなくわかる~~~!(笑)

「人の足は踏んだらダメなんです!試したらダメです!踏んだら痛いんです!」
・・・ってお言葉が心に残りました!
このお話を聞きながら、頭の中では浜田省吾さんの『恋は賭け事』が流れる私・・(笑)
(省吾ファン!)

君は天使じゃなく 俺だって聖者じゃないんだぜ・・・

『愛』を試すようなことをしてはいけない!!
なるほどねえ・・・
バツイチ男は、そこんとこわかってるから
人の足を踏みつけて確かめるようなことはしない・・(らしい・・というか、
学習してきた人もいる・・って話ね!)



結婚とは、とにかく『人を成長させるものだ』ってことに尽きました!
分かんないもん同士、通じ合うことのない者同士が
それでも一緒にいる・・・ってことで
人間は成長できると・・・・
ブラックホールのような理不尽な『恐妻家』を持つ旦那さんは
社会では結構立派な人が多いって話も面白かった!
日々、理不尽にさらされてると人間って成長するのかね?!(笑)



「だから・・・一度結婚してみたらどうですか?」
・・・と、トークタイムの中でも出てきましたが
ご著書にも多々でてきます・・・。

そして、ちゃんと触発された読者の方もいらっしゃったみたいで
サイン会タイムで、私の前の女性の方が
内田先生にサインいただく時に「読ませていただいて結婚決めました!」と
おっしゃってました~♪(めでたい♪)

私の本へサイン書いてくださってる間も、先生
「いや~嬉しいよねえ!」って話してらした♪

楽しいだけではなく『受難』である『結婚』・・・
その『結婚』がどうなるか・・・ではなく
『結婚』することで、人間って『成長』しますよ・・・
違うステージの景色が見えるから・・・・積極的にやってみればどう?!
・・・って内容のこのご著書。

帰宅後、娘に
「はよ、結婚しなよ~!」と伝えるも
「心ときめく人が出てこない・・・」とのこと。
したくても、『縁』が全くないんだもんね・・・・
これもまた『受難』だよなあ・・・(笑)


この記事をはてなブックマークに追加

『困難な結婚』読了!

2016年09月02日 | こんな本読んでみました♪
内田樹先生の『困難な結婚』読了!





家事が『苦役』とも思わないし・・・
姓が変わろうが変わろまいがどうでもいいし・・・
取り立てて、今の結婚生活に不満はないのだが
9月にグランフロントのでっかい本やさん主催の内田先生の講演会に申し込んだので(♪)
「読んどかなくちゃ♪」と読ませていただきました!!


なかなか面白かった!!

私的なことを公的にするため、公の前で誓うのが結婚式!!
人間が今以上に成熟するために必要なのが結婚・・・・
なるほどねえ・・・・

コップのふちから水をこぼさない(不満をコツコツためて
離婚にいたらないようにするには・・)ために必要なことは
些細な『うまくゆかないこと』を日々、ひとつづつ片づけて
日々、自分が『機嫌よく暮らせるか』に
自分を持ってゆくこと・・・・

これって、『結婚』だけじゃなくて
すべてに言えるよねえ・・・。
機嫌よく・・・気分よく・・・暮らすために
気になる『今』汚れてて、少し気になる床を拭いておく・・・
かがんで拭くのは
ちょ~~めんどくさいが・・・・それをすることによって
『機嫌のいい私』を維持できる。この積み重ね・・・!!



そして、以下気になる場所抜粋!!


人間は成熟するために
『いま・ここ・わたし』という閉域から外へ踏み出さねばなりません。
自分の手持ちの価値観や、美意識や、世界観から一歩外へ踏み出さねば
なりません。


・・・って所と
この項の冒頭部分

山でも巨石でも巨木でも滝でもなんでもいいと思いますよ。人知を超えたものに
誓うのであれば。人間の賢しらを超えた水準に「超越的な秩序」が存在することを
前提にしないと、そういう態度は取れませんから。


・・・以上の二点を読んでいるうちに・・・・

頭に思い浮かんだ歌詞・・・・・
浜田省吾さんの『J.BOY』!!

水平線登る太陽の中・・・突き抜けたいこの歌の主人公のと一緒に
ライブ会場なる『大いなる場所』で『人知を超えたものに』(・・雰囲気)
腕を振り上げながら『誓う歌』・・・・・『J.BOY』!!(・・と私は思うんだが(笑)・・)

盛り上がるよねえ・・・♪

楽しみです・・・。
・・・って、本の感想から離れて、すっかりライブの妄想で
気分盛り上がっちゃった!(笑)

『困難な結婚』の内田先生の講演会・・・・
どんなお話が聞けるか楽しみ~♪
60代の内田先生と浜田省吾様に会えるこの9月・・・・芸術の秋になりそうです♪

この記事をはてなブックマークに追加

『江戸の忘備録』読了。

2016年07月13日 | こんな本読んでみました♪
磯田先生のご著書、『江戸の忘備録』読了。

戦国時代が終わって70年・・80年経つと・・・
今の日本みたいに「戦争を知らずに僕らは生まれた~♪戦争を知らずに僕らは育った~♪」
世代が出てきて、その時に
戦国時代体験者のおばあさんが、近所の子供たちに
戦争の時はこんな悲惨なことがあったんだよ・・と話し聞かせた
その内容が、古文書に残っている・・・というお話が凄かった。
かなり悲惨な内容。
今も、昔も、変わらない。
でも、そこを読まなければ
今も、昔も、変わらないんだ・・・という目線を
持つことはできなかったな・・・という自分に気が付いた。
小さなことですが、驚きました。

この記事をはてなブックマークに追加

『本音で生きる』読了。

2016年06月30日 | こんな本読んでみました♪
堀江貴文さんの本を読んでみた。
以前、『しくじり先生』なる番組で拝見したとき
面白い人やな~~と感じたので。

  

良質の情報を浴びるように入れてそこから
素早く取捨選択、最適化・・・・

相反するようで似た内容・・・以前読んだこちらの本。

面白い・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

自分を操る~~?!

2016年06月21日 | こんな本読んでみました♪
DaiGoさんの『自分を操る 超集中力』という本を購入。
集中力について書かれた本である。

↑・・・読んで、掃除も集中だいっ!!


テスト勉強ももうないし、なんかの試験を受ける予定もないし、
この年で『集中力』を上げることがそれほど必要か?!・・・と聞かれれば、NO!なのだが
何気に、本屋さんで手に取り買ってしまった・・・。

・・・・なかなか面白かった。

前頭葉から出てる『ウィルパワー』なる
思考や感情をコントロールする力をうまくコントロールすると
集中すべきことに集中できるとな!!

この『ウィルパワー』なるもの、量が決まってて集中力を使うたびに
減っていくそうな・・・。

どの服にしようかな・・・とか、
今日、これするのめんどくさい・・でもしなくちゃ・・・
あ~~~~・・・・部屋散らかっててやる気起きない!!けどやらなあかん・・・

・・・等々を考えてるだけで・・・『ウィルパワー』は減ってるんだと!!

ぎゃ~~~~~っ!!
これ、めっちゃわかる~~~!!
悩むのがめんどくさい・・めんどくさいからやらない・・・
でもやらなきゃいけないからやるけど、いまいち乗り気になれない・・・

ある!ある!ある!!

・・・この一連の流れの源が『ウィルパワー』の減少につながってんのね!!


・・・・こないだから、激しく取り組んでる『断捨離』・・・
『断捨離』することで、悩んで減るらしい『ウィルパワー』に
歯止めがかかるってわけね・・・♪

な~~~るほど~~~♪・・・と激しく納得でございました!

あと『ウィルパワー』を減らさないために必要なのは『習慣化』
考えるな・・・毎日やれ!!
・・・ってことで『ウィルパワー』が減らすことなく集中力を維持できるようになるらしい。
こまなし自転車に乗れるよう、苦労して練習してたけど
乗れ出したらなんにも考えずに乗れる・・・ってアレがそうらしい・・・。

な~~~るほど~~~♪・・・と、これまた激しく納得でございました!

『習慣化』して『断捨離』して『時間を決めて』
物事をぱぱぱ~~~~っとやって・・・夜はくつろいでさっさと寝る・・・
これで、集中しなければならないことの激しく集中でき
一日充実っ!で過ごせるらしい♪


・・・・最近、どの服にしょうかな・・・が面倒で
ずいぶん服も捨てて、決めた服を、短時間で、着て出ていく・・・『楽っ!』
・・・だったんだけども・・・・

この間、娘に言われた・・・

「この頃・・・なんか・・・ダサくなったな・・・」

・・・・!!(笑)
大爆笑であった!

ほかにもいろいろいい事、いっぱい書いてございました♪
(・・忘れたけど・・・集中して読めてないのかしら?!)

しかし・・・『自分を操る・・・』ってタイトル・・・・
そういえばどこかで・・・と、過去のブログを調べたら
名越康文先生の講演会に行った時に、(ちょっと違うが)そのような
お話されてました・・・。

よいお話の核は・・・同じような感じのものが流れてるわ・・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

四つ葉のクローバーと小泉八雲♪

2016年04月21日 | こんな本読んでみました♪
この目で見ることが出来ないからといって
そこにはないと決めつけてしまうことは
夢とか希望とか絆とか愛が
この世界にはないと
決めつけることと同じなんだ  (『四つ葉のクローバー』槇原敬之)


マッキーのこの歌が、小人か妖精の出てくるTVドラマの主題歌として流れていたのは
もう数年前・・・。
アイリッシュ系のいい歌だなあ・・・と、聞いてるうちにだんだん好きになって
たぶん、そこから槇原くんのコンサートに行きだした。

その後、槇原君・・・・ライブかラジオで(?!)
日本の八百万の神様的考え方が
アイルランドの人の「どこにでも神様がいる。小人や妖精もいる」って考え方に似ている・・・
(・・・のようなこと)を話されていて、それがいたく心に残っていたのです。
(アイルランド紀行でアイルランドに旅行されたときに話されてたのかな?!
どこで・・だったかは忘れたけど・・・)

「へええ~~・・・そうなんだ!
でも、アイルランドって?」って止まりの私・・・・(そして調べもしない)



先日、司馬遼太郎先生の

・・・を読んだ。

ぎゃ~~~~~~っ!!
でてきましたっ!!まさにそこにっ!!

もう、感動です!!
すっごい『繋がり』を感じちゃいました!
マッキーがこの本を読んでたのか
それとも、日本とアイルランドって似てるのは常識で
私だけが知らなかったのか
なんだかわかんないけど、的確に『それっ!!』ってのが
出てきたので、超感動ですっ!!

文春文庫『この国のかたち 5巻』P19からです~~!!

土俗宗教にキリスト教が入ってきたアイルランドは
その土俗主教が廃れちゃって
妖精だのなんだの・・より、厳しいキリスト教が栄え
幼かったラフカディオ・ハーン氏を抑圧したらしい。
でもハーン氏には見えてたらしいのです・・・・
『妖精』が・・・・!!!
でも、育ての親のおばさんに怒られ抑圧され
どうにも行き場がないなあ・・って若かりしハーン氏・・ある時
日本の『古事記』を読んで、日本を知り・・・日本ラブ♪
思いは募り、そして日本にきちゃった。
やってきて・・・・もうびっくり仰天!!
自分には見えるけど信じているんだけど
そのことを怒られてたアイルランドとは違って、
日本では・・・それが・・・『普通・・』
もう、その時の彼にとってはまさにパラダイス・・・だったことでしょう!!
「はあああぁぁぁ~~~?!マジで?!」って感じだったんじゃないかな!
その後、小泉八雲として日本でいろいろな本を書かれたことは
私も知ってます。・・・怖いです。お話・・・・(笑)

その後19世紀後半、アイルランドでは『アイルランド文芸復興運動』なるものがおこり
今は、みんなが(日本人以上に・・って感じでしょうか)
『妖精』を信じてる素敵な国になったらしい・・・

そこへ、マッキーが遊びに行って
そして、『四つ葉のクローバー』なる素敵な歌を届けてくれて
それに感動してた私が、司馬先生の『この国のかたち』を読んで
再び感動して・・・・・♪

アイルランド・・・って、そういう国なんだね~~♪
・・・っていうか
あえて調べないから、偶然出てきたときのこの感動たるや凄いよね~!
これからも、すべての物事を
深く・・・は追及しない、出てきたら拾う・・・の姿勢で行こう・・・(笑)


司馬先生の『この国のかたち』・・・・いろいろ感動できる本でした。

町の一本の普通の道にも
歴史があり、それが今までつながっている・・・
一本の何もない道に、ドラマを与えられることのできる人・・・・
それを小説家というんですねえ~~・・・。

ウォーキングで歩く道にどんな歴史があって
どんな人が歩いたのかしら・・?って
ちょっと想像したら、不思議な気分になります・・。

それは見えないけど
必ず『何かがあった場所』・・・・・

いや~~~♪
感動の本・・・感動の歌・・・でございました。

この記事をはてなブックマークに追加

『家族という病』読了。

2016年02月17日 | こんな本読んでみました♪
昨日、本屋さんに行ったら
本の帯に『第一位!!』の文字!
売れてるのねえ・・・・
みんな読んでみたいんだ!
『病』なら、直したい・・・と思ってるんだ・・・と思いつつ購入してみた。

『家族という病』(下重暁子著)
読了。




子供の自慢とか
主人の自慢とか
・・・そういうことしか話せない人・・・どうでしょうか?

家族との関りを『大切にしなければならない』という考えにがんじがらめに
なってるのって・・・どうでしょうか?

近くにいても理解できないもんは
理解できないと思いますよ~~

・・・等々を下重さんの切り口で語られる本。

・・・下重さんのように、父にも母にも一物あっても
でも、最終的に・・・やっぱり『好き』が根底にあったよね・・・と
後々思う・・・・らしい。

親は要介護になって初めて子供に弱い姿を見せ、
そして、初めてここで子供も親を理解する・・・って話は
友人Aさんが、私にしてくれた話そのまま・・・・。

私にも、いずれわかる日がくるのだろう・・・。

・・とかなんとか、感想を持ちつつ読み終えたが
そんなに家族間で問題も、期待もあるわけでもないので
『ふ~~~~~~~~~~ん・・・・・・・』って
感じで読み終わっちゃった(すいません・・・・)

そしてこちら(
なるほど・・・でございます。
『家族』なんて「ちゃらちゃら」してるぐらいで丁度いいのだね!!(笑)
素晴らしい家族を作り上げなければ・・・って考えてしまう時点で
もう『病』なんだあ・・・・!!
この辺りは、下重さんも書いてらっしゃいました♪



それよりもっ!!

この本と同じ内容の歌が、あったではないかっ!!・・と
思い出したように聞いてみた♪

槇原敬之さんの『Tag Team』♪♪

分かり合えなくて当たり前なんだ
分かり合えないようなメンバーが揃ってる
テレビや映画で幸せな家族を描くのは
現実があまりにも違うからなんだろう



・・・・うむむむ・・・・唸らされるこの歌詞!!
この歌を聞けば、この本の『ほぼ!』が理解できるのではないだろうか・・・
・・・と思ってしまったのは、私が『マキハラ病』だからかもしれない♪

この記事をはてなブックマークに追加

『しない生活』読了。

2016年01月08日 | こんな本読んでみました♪
『しない生活』(小池龍之介)読了。


昨年末までに家の中を結構整理した(『断捨離!!』)。落ち着いたので、題名にピンときた
僧侶でもあらせられる小池先生の『しない生活 煩悩を鎮める108のお稽古』なる本を
読ませていただいた。

第一章が『つながりすぎない』だよ~~~!!(笑)
なんか・・・わかる!
ネット社会の功罪・・・感じる今日この頃・・・。

気をつけよう・・・(笑)

そして、感動したのはこの一行・・・。

私たちの脳は、「このことを、自分はもう知っている」と判断したものに対しては
情報を大胆に省略する癖を持っており、それは仏教で「無知」と呼ばれる煩悩に相当します。


・・・こういうことがあるので、仏教では瞑想して
常に、脳をリセットさせるんですと!!
おおうっ!!
なるほど~~~~っ!!

「このことを、自分はもう知っている」
・・・・って・・・・マジでお習字のお稽古をしている時に
たびたび感じ、そして「いかんいかん・・・」と思うこと。

お手本を見ながら書いてるつもりでも
細かいところまで見ない・・・(私だけかもしれないが・・・)

脳みそが・・・「そこ見なくても、その字の形知ってるし」
・・・と、細かく見るのをめんどくさがってるのが
最近わかる(笑)

年を取るのもそういうことかもな・・・。
「それ、もう知ってるし」で、細かく感じようとしないということ。

ある~~~~~っ!ある~~~~~~っ!!(笑)

毎日見ているその景色を
大胆に歌い上げた『やさしさに包まれたなら』

カーテンを開いて・・・静かな木漏れにやさしさを感じるとは・・・
ユーミンは、さすがただものではない・・・。
目にうつるすべてのことはメッセージと言い切るとは・・・
ユーミンの脳みそは、脳内リセットがはなはだしいとしか言えないっ!!(笑)

もう一度、細かく新鮮な気分で見つめる・・・・
それが、今年の目標かな~~♪
・・・昨年12月からせっせと書き始めた仮名書・・・・・

「その字、知ってるし~~~」という自分の脳との対峙である。

しかし、すぐ飽きるし進まないし・・・(笑)
今年中に一冊終わるんかいな~~?!





この記事をはてなブックマークに追加

『ぼくたち日本の味方です』読了。

2016年01月06日 | こんな本読んでみました♪
『ぼくたち日本の味方です』(内田樹×高橋源一郎)読了。


対談本。
このお二人の間で司会をされてるのが
ロッキング・オンの渋谷陽一さん。

すごい三人・・・・。

東日本大震災のころの対談本なので
「そのとき」「この二人が」「なにを話されていて」
「そしていまどうか」というのが面白い本。

原発はもう廃止の方向がいいと思う。
実際、今でも汚染水を垂れ流しなのに
そんなことをしてる国で、オリンピックって、マジどうよ?!
世界のみなさんもそれでいいんですかっ?

・・・ってか、
オリンピックを日本で!!・・・と、当時盛んに盛り上がってた
選手のみなさんにも
「本当にそれでいいんですかっ?!」
と言いたかったんだが
そんなことは、非国民みたいだから
言えなかったけど
(近所の人には言ってそして、スポーツ好きな人には、嫌なこと言うねと言われたが(笑))

ああ・・・・言ってもいいのかも・・・。
思ってもいいのかも・・・と思った本。(小さいわたし・・・・)


この記事をはてなブックマークに追加

不便!!

2015年12月19日 | こんな本読んでみました♪
又吉さんの『火花』は・・・・・・・・・
近所で誰かが買ったら借りようと思ってるので
まだ読んでない。
・・・しかし、誰も買いそうにないなあ・・・・。
めっちゃ売れてるのに、近所で誰も買った人がいない・・・という・・(笑)

・・・なので、又吉さんの『東京百景』という本を買って読ませていただいている。
なかなかに読みやすい文章。
たまにでてくる鋭く切ない一行が、さすが芥川賞作家っ!!・・・って感じである。
ふむふむ・・・と感心しながら読んでいて
・・・大爆笑のところが出てきた・・・・。

かつて、又吉さんが住んでたぼろアパートの共同トイレの張り紙・・・。

『トイレットペーパーを流し過ぎると、水がつまり多くの人が不便します』

大爆笑!!
このページは
心に残る一ページとなった・・・
・・・って、これ書いたの(オオモト)は、又吉さんじゃなくて大家さんだし・・(笑)

そして同時進行読みで読了した一冊。

村上春樹さんの『雑文集』
『壁と卵』の全文も掲載されててとても素敵な本でした♪
作家さんから読者へ・・・・いかに
『心づくし』を届けようとなさっているか・・・そこら辺を
めっちゃ感じることのできる一冊であった🎵

本当に素敵なアーティストさんの作品は、それを感じるよね~~♪
(好きだから余計にね~♪)

この記事をはてなブックマークに追加