東葛人的視点

ITを中心にインダストリーをウォッチ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

個人情報保護ではなく「個人情報活用」の視点が大事だ

2004-12-27 15:10:38 | ITビジネス
 今年、IT営業のセールストークで最も使われたキーワードは「個人情報保護」だろう。言うまでもなく、来春の個人情報保護法の本格施行をにらんだもので、情報漏洩に不安を感じるユーザー企業にセキュリティ関係のソリューションを売り込もうとしたわけだ。ベンダーからも対応製品が山のようにリリースされて、経済紙には毎日のように「個人情報保護」の見出しが躍った。

 で、現実の商談では、どうだったのだろうか。あまり景気のよい話は聞かない。考えてみれば当たり前で、個人情報保護法の趣旨からして、まっとうな企業が情報漏洩で処罰されることは考えられず、個人情報保護法の施行自体がシステム更新の契機にはなり得ない。しかも、個人情報漏洩はシステムで防げるものではなく、社員の意識改革や情報管理体制の見直しなど非ITの部分の果たす役割が極めて大きい。

 個人情報保護の必要性を訴えること自体は、決して間違ったことではないが、提案の方向が少し間違っているような気がする。なぜ、企業は保護しなければいけない個人情報を溜め込んだのか。それは当然、マーケティングなどで顧客情報を分析したり、顧客との接点を増やしたりするためである。ところが、ITベンダーやシステム・インテグレータはその目的を捨象し、個人情報の保護を自己目的化した提案を数多く行った。その結果、ユーザー企業の守りの意識は高まり、CRMなどの新たなシステムの導入にも躊躇するという笑えない話も出てきた。

 本当に提案しなければいけないのは、個人情報保護ではなく「個人情報活用」だろう。個人情報をいかに戦略的に活用して、顧客との接点を増やし、顧客シェアを高めていくかを提案しなければいけない。そうした個人情報活用を進めていくという前向きな話の中で、その“コスト”として個人情報保護をとらえる発想が大事だ。ERPやSCMと違い、CRMの領域はまだソリューションとしても固まりきってはいない。来年こそ、この分野の開拓のため、安易な危機煽りのセールストークは慎んだ方がよい。
コメント (3)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代替わりする中小ユーザー企... | トップ | ITサービス業の構造変化の終... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おっしゃるとおり (ruleoflaw1960)
2004-12-31 11:40:29
おっしゃるとおりですね。

個人情報保護が個人情報不活用になるのは避けたいですね。

個人情報を企業に与えなければ、個人も必要な情報やサービスを得られないと、誰かがしっかりとウッタエなければいけませんね。
ありがとうございます (東葛人)
2005-01-04 10:35:15
 コメント、ありがとうございます。実は私の職場でも、個人情報保護でガチガチになりつつあります。結果として、サービスレベルを劣化させるのではと、ひそかに心配しております。
納得しました (ぷろじぇくと)
2009-06-02 17:43:18
個人情報を活用できないかと思い、
検索してここに辿り着きました。
自分が感じている内容が解り易く整理されてて
関心してます。
こういう場で質問ってして良いのか解りませんが
実際に個人情報の活用ってどのようなケース
がありますでしょうか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
個人情報保護法 全面施行 ? (どもども)
個人情報漏洩 と言えば日常茶飯事の今日この頃{/kaeru_yodare2/} で、この4月から全面施行されて何が変わるの? {/hiyo_shock1/} ようわからんけど、多分、企業にとっては致命的になりかねない意味があるんだろうなぁ。 仮に、集団訴訟を起こされても裁判は時間かかるし
個人情報保護 (Generation Mosaic)
世の中、個人情報保護というか管理一色になってしまいました。 確かに半ば強制的のよ