on-ice off-ice

氷上のスポーツ、カーリングをやっています!カーリング以外のことも書くのでon-ice off-iceです!

『夏目漱石没後百年 朗読と絵画で綴る「吾輩は猫である」』を見てきました

2016-11-06 23:50:21 | アート・文化

 11月5日、高円寺「山椿美術館」で開演された『夏目漱石没後百年 朗読と絵画で綴る「吾輩は猫である」』に行きました。

 「吾輩は猫である」の英訳版が“I am a cat.”になっていて、「そりゃそうだけどさぁ」と思ったと、夏目漱石のお孫さんである夏目房之介氏は「孫が読む漱石」に書いていました。氏は、”I am a cat.”が逆輸入されたら、「私は猫です」「私って猫」になるのか?吾輩というニュアンスが現代日本には既にないのであるとも書いています。確かに、今どき自分のことを吾輩などという人は皆無だろう。この作品が書かれたのは1905年~06年、今から110年も前のことだから、無理もない。

 この「吾輩は猫である」、タイトルと書き出しは有名だけど、全部読んだという人は少ない。事実、この日の会場での「全部読んだ方いらっしゃいますか?」の問いに手を上げた人は数名に過ぎなかったし、私もあまりの長さに斜め読みしたり、面白そうな章だけ読んだりして、全文は読んでいませんでした。

 今回の朗読は、長い長い作品を短くしたものでしたが、“朗読と絵画で綴る”というだけあって、ステージの後ろには猫を題材にした絵画が並び、朗読者の背後には話の展開に合わせて場面を描写した絵が出てくるといった趣向が斬新でした。あらためて聴いてみると、猫目線で見た人間界の描写と、好奇心旺盛な猫が雑煮を食べて難儀したり、三毛猫に恋したり、物事を体験せずに生涯を終えてはつまらないとビールを飲んだりの体験談が面白く、小説全文をきちんと読んでみたくなりました。

朗読 鉄腕アトムの声優さんの清水マリさんと橋本美佳さん



なんでも鑑定団 木澤雅博さんと清水マリさんのトーク



清水マリさんはアトムに続いて、妖怪人間ベム、マグマ大使の声を担当されましたが、マグマ大使で初めて人間の声ができて嬉しかったと話されていました。

集合写真



前列左から、木澤雅博さん 清水マリさん 千々松幸子さん(ピョン吉くん)
後列 美術館オーナー市川百色子さん 橋本美佳さん 野歌つぐみさん(画家) 安部恒美さん(画家) 伊東正次さん(画家) 順いづみさん(ピアノ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 堀川ひとみ「VECTOR」... | トップ | 夏目漱石没後百年 坊っちゃ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート・文化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。